書籍の詳細

TBS系列にて2018年7月にドラマ化された珠玉の名作!! 義母・亜希子のおかげでまっすぐ育ったみゆきは天然さく裂の高校生になり、やがて恋をする。一方で亜希子はパート先のパン屋で元キャリアウーマンの力を発揮して…!? 血の繋がらないふたりは本当の『家族』になれるのか!? 最後のひとコマで、きっとあなたも涙する――。 ※以前配信していた「義母と娘のブルース Final」に描き下ろしページなどを加えた新装版です。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

義母と娘のブルースのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 綾瀬はるか主演で2018年夏にドラマ化された「ぎぼむす」こと『義母と娘のブルース』。父親の再婚で「義母」になった、超やり手のキャリアウーマン・亜希と、小学生の娘・みゆきの笑えて泣ける4コママンガです。4コマというとただただ平和な日常が続く…そんなイメージを抱きがちですが、「ぎぼむす」は違います! みゆきとの初対面のときに名刺(ふりがなつき)を渡したり、ビジネス経験を活かしてPTAの会議で敵対勢力のボスを倒したり。ひとつひとつのエピソードには4コマらしくオチがついていて笑いどころも盛りだくさんなのですが、通して読むと亜希とみゆきの関係の変化や2人の成長を感じられて、時には涙も…。4コマだからと敬遠していましたが、読んでよかった1冊です。
    • 参考になった 9
    投稿日:2018年08月03日