天下を斬る武士

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

平田弘史の貸本期作品。1960(昭和35)年に発表された『天下を斬る武士』と『ある日の剣豪』を収録。犬に襲われている子供を助けるため、奥田健一郎は犬を斬殺してしまう。その息子をかばい、父、多門は腹を切り自害する。「生類憐憫令」ならびに「殺生禁止令」という愚かな秕政が生んだ悲劇の物語(『天下を斬る武士』)。

無料立ち読み(22ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

平田弘史の貸本期作品。1960(昭和35)年に発表された『天下を斬る武士』と『ある日の剣豪』を収録。犬に襲われている子供を助けるため、奥田健一郎は犬を斬殺してしまう。その息子をかばい、父、多門は腹を切り自害する。「生類憐憫令」ならびに「殺生禁止令」という愚かな秕政が生んだ悲劇の物語(『天下を斬る武士』)。

ユーザー評価なし レビューを見る
書籍の詳細
  • 書籍名: 天下を斬る武士
  • 著者名: 平田弘史
  • eBookJapan発売日: 2005年09月22日
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 203ページ
  • 立読ページ数: 22ページ
  • ファイルサイズ: 20.2MB
  • 関連ジャンル: 貸本マンガ青年マンガ時代劇
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

この『天下を斬る武士』は、平田弘史が貸本漫画時代に描いた作品。人物の情感を微細にわたって表現するタッチはすでに完成されていて、冒頭から感情移入させられます。テーマは、徳川綱吉時代の「生類憐みの令」。馬のたてがみを散髪しても罪に問われる、あの天下の悪法です。物語は、主人公の奥田健一郎が子供達を狂犬の群れから助けようとして犬を斬ったことに端を発します。健一郎の身代わりとなって捕縛された父の奥田多門は、奉行に悪法を正せと激しく迫り、切腹して果てます。健一郎は悪法を廃止させようと、幕府の要人そして綱吉に牙を向けます。健一郎は、果たして天下を斬れたのでしょうか? 最後まで目を離せなくなること、請け合いです。(2010/9/14)
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。