書籍の詳細

仕事に追われ、恋愛を疎かにしていた左官工の灰田は、高級ブランド「VERGA」トップデザイナーの桐谷と運命的な出会いを果たす。仕事柄スーツとは無縁だった灰田に桐谷はフルオーダーのスーツを贈ると言い張ってやまない。試着室へ招かれ、ハダカで全身を測られる。桐谷の熱い視線と肌をたどる指先に、身体が昂って―――。「そんなに見られたら 全身 触られとるみたいや」熱情的な視線に興奮する体へと変えられていく、濃密フェティッシュラブ。

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

王者に恋したシンデレラのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    セレブ感
    エロい顔描く作家さん。しずる感強め。エロ濃いめ。キスの口元が古典。ムスカでか過ぎ。乳首が果物に見えるマジック。「試着室」のブランド。帝王感、セレブ感が思いのほか低め。
    残念なのにスタイルが良い人ってたまに居るよねっていう共感。そこからシンデレラに?!そもそもハイパーブランドのデザイナーが、青山とか青木とかの視察してるか?って疑問。
    • 参考になった 7
    投稿日:2018年05月12日