書籍の詳細

川沿いの廃工場。そこは大工を夢見るボクと師匠の秘密工房。夏から冬へと移りゆく季節の中、二人はひらめきと遊び心と技術を駆使し、ドラム缶風呂を始め数々のものを作り出し成長していった。だがそんな日々は突然終わる。廃工場の撤去作業が始まったのだ。大切な場所を失った二人が、最後に作り出すものとは…。未来へと続く最終巻。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ボクと師匠の秘密工房のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • あるようでなかった取り合わせ
    女子「工」生と少年が織りなすビルドレクチャーストーリーです。
    DIYという枠ではなく工作の基本を採り上げる事で物語も文字通り構築していきます。
    内容もなるべく基本から浚う視点を取り、この物語以外の工作にも役立てるように描いてます。
    作者がキャラ同士で遊んでる節はあり、雑誌柄少しエッチな描写もありますが、本題を殺さない程度に留めてます。
    サイトの連載では応用編を伺わせてますが、2人の関係も変わるのやら(-_-;)
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月10日