書籍の詳細

「好き」と言えない切なさを抱えて生きていく。今までも、そしてこれからも――? サラリーマンの翠は学生時代からの親友・夏目に10年間も想いを寄せている。しかし、夏目が婚約を決めたことにより、翠の心はかき乱されていく。諦めようと思っても諦めきれず、夏目に抱かれる妄想で自らを慰める悶々した日々。そんな中、夏目が婚約破棄されてしまう。気にしていないようなそぶりをしつつも傷心の親友に、翠は衝動的に口づけしてしまい――。もどかしいふたりの恋の行方を描く表題作のほか、二編を収録した切なくも愛おしい作品集。 【同時収録】スキあり/またねの言葉も残さずに

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

よるにきんのあめのふるのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 涙が美味しそう
    前作の恋と粗相がツボだったので迷わず購入。前の時もですが、さらっと変態(フェチズム)出すの上手いですよねwそれが強烈な印象に繋がるんですよね。
    この人の絵って独特の柔らかさがあって、特に手が男性というより女性の柔らかい手みたいなのですが絵柄とマッチングしているせいか妙に美味しそうに見えます(褒めてます)。後は目の描き方が好き。
    表題作+短編2編。話が変わっても同じ様な見た目の人物が出てくるので、もう少しキャラの幅が出たらもっと良いのかも?と思います。(しかし私の好みど真ん中のキャラなので変化出過ぎても残念な気がするけど)最後の話は…悲しいー!!泣く!
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年02月23日