書籍の詳細

衝撃のナンセンス!!ぬるま湯の現代に叩きつける二階堂ギャグの超パンチ!!義母と嫁、義父と嫁の対決を痛快に描く『裏・極楽町一丁目』。やはりこの闘争が終わる日は来ない。日常に潜む殺意が今日も見えてくる…。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

極楽町一丁目シリーズのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ついでにこちらも。こちらのテーマは姑と嫁。病弱な姑は床に伏せっていて、世話をしてくれる嫁に「すまないね」と優しい言葉をかけます。しかし実際のところ嫁は看病に疲れ果てており、事あるごとに姑を亡きものにしようと実力行使に!(包丁を突き立てようとするetc.)。しかし姑も黙ってやられるわけがなく、迫る包丁を華麗なジャンプでヒラリとかわし、嫁を音も無く投げ飛ばす! この投げるときの姑のシルエットが実に美しい。病弱じゃねぇのかよ! ってツッコミは野暮ってもんでしょう。毎回このようなガチンコの闘いが5pずつ描かれます。嫁姑の戦い怖い! こんな内容ですが「日本漫画家協会賞」を受賞してます。確かにセリフが少ないのに、その分空気感や雰囲気で面白さを演出しているのは凄いですしテーマも深いっちゃ深いですからね…。過去ドラマ化された際は、縦横無尽な嫁と姑の動きをワイヤーアクションを使用して忠実に再現したそう。それも見たい! いろいろ続編もありますので(近々「KATANA」でも書き下ろし連載開始予定!)気に行ったら全部どうぞ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年05月18日