書籍の詳細

鉄工所を流れる時間は、どこか悲しく美しいーー。高齢の塗装職人、熟練の溶接工、中国人労働者…。一癖ある人たちが織りなす、毎日の物語。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

鉄工所にも花が咲くのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    どんなに小さくても、ひとりひとりに人生がある。
    小さい町工場で働いている人がいる。
    その人はヒゲ面のオッサンだったり、しかめっ面のおばちゃんだったりする。
    この人はなんでここで働いているのか。
    自分の人生と交差しない人たちのことだから、普段はそういったことは考えない。
    しかし、そうした町の風景と同一化している人たちにも、たしかに人生があるのだ。
    スケールの壮大な物語ではないけれど、みんなそれぞれに思うところがあってそこにいる。
    この漫画はそうした、路傍の花ともいうべき風景の一部分にフォーカスをあてて、しかもそれを味わい深く見せてくれる、人間味にあふれた作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年01月13日