書籍の詳細

共に冒険をしてくれた兄は、もういない…。復讐を果たそうとする中條千里は、自ら蒔いた種のせいで仲間を巻き込んだ絶体絶命の危機に陥ってしまう。「本職」の力を借りた板倉は、追い詰めた千里にある取引を持ちかける。それは、今まで必死に集め溜め込んできたであろうお金全てと、人質にした仲間との交換。兄を殺した犯人を捜すため、手を汚してまで集めてきた大事な資金…おいそれとは渡せない。…でも。仲間の命を取るのか、それとも復讐という目的を取るのか。千里が決断した選択とは一体!?

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

夢で見たあの子のためにのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 楽しみすぎる
    「僕だけがいない街」で三部けいの作品にすっかり魅せられたので、この新刊もすぐ買ってしまった。まだ1巻なので、まだまだストーリーとしては序盤なのだが、すでに先が楽しみで仕方がない。サスペンスの描き方が上手いよな~。主人公にいまいち感情移入できないのも、またストーリーを俯瞰出来て良い。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年12月05日