書籍の詳細

脚が異常に感じやすい裕也は、長ズボンさえ履けないほど超ビンカン体質! 街中で触れた紙袋に感じ喘ぎ声をあげてしまいダッシュで逃走。逃げ込んだ公園で落ち込んでいると、フワフワな猫がトツゼン足元にすりすりしてきた。今までに得たことのない強烈な快感が背筋をゾクゾクと駆け上がる! ナゾの心地よさに思わず連れ帰ってしまった裕也だったが、モフモフキュートなその猫はタダの猫ではなかったのだ! 下半身を擦るの大好き妖怪「すねこすり」と脚が性感帯で悩める青年の究極のフェチラブ!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

こすらせフェティシズムのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    エロくて可愛い!
    スネコスリが可愛い過ぎて触りたいと思ったら、イケメンにが出てきてエロエロなことに!足が性感帯っていうのも面白いし、どんなエロなラブが繰り広げられていくか続きが楽しみです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年11月30日