書籍の詳細

日本文学の不朽の名作『人間失格』をトップホラー漫画家の伊藤潤二氏が独自の表現で捌きます。隣人の幸福が理解できない。なのに、隣人の目が気になって仕方ない。そんな主人公・大葉葉蔵が必死で身につけたのが道化だった。上京した葉蔵は堀木に誘われ、非合法活動に参加する。活動に疲れた葉蔵はある女給と出会うが…… 「世間と折り合いがうまくつかない」そんな読者に長く愛されてきた名作を、伊藤潤二氏がホラーの要素を絶妙に取り入れ、構成した衝撃作です。是非手にとってください。宜しくお願いいたします。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

人間失格のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    いいじゃない
    原作の終りの方ですね。葉蔵の父親の霊がやってきて短刀を置いて行くというのは原作には無いけどいいと思うな。それから堀木はああいうイメージですよね。葉蔵とどっこいどっこいな人間なんですが世渡り上手というのがよく描かれてます。地獄絵のくだりもいいです。小説ではあのイメージは読者に伝わらない。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年04月15日