書籍の詳細

「……僕は大人の女性を愛せません。僕の好きな人は、大人でも女性でもないんです。」甥に対する密かな欲望を抱え、妄想に囚われ苦しむ百貨店のエリート外商・久瀬圭祐。欲望がいつか暴走するのではと恐怖し、治療を求めて精神科クリニックを訪れるのだが――。小学校教師の森下伸春は遠い昔、幼い少女に繰り返し恋をした。そんな自分の嗜好を知りつつも、ある一線を越え、欲望を解き放ち、そしてその果てに待っていたものは……。本能に弄ばれる二人の男と、その周囲の人たちの心の葛藤をリアルに描いた、異色の連作小説。BL界の巨匠・木原音瀬が挑んだ衝撃作。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ラブセメタリーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • さすがです!
    さすが木原先生!素晴らしい! 読書後とても考えさせられました。サイコパス、ペドフェリア、精神分析系, の本は興味がありかなり読んできたのですが、ここまで加害者になりうる人物の視点に立ち、彼らの心情、精神の苦しみに心を奪われ、同情させられた本を読んだのは初めてです。是非色んな方々に読んでもらい意見を聴きたくなるような作品です。 電子書籍発売を8月からずっと待ち続け、やっと読めて感無量です!
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年10月10日