書籍の詳細

モテる為にカッコつける保安官の西部喜劇! 西部最強保安官のエルモア・エヴァンス。常にクールな彼の願いはただ1つ… 「モテたい」。ある日、彼は政府から極秘の護衛任務を依頼される。その任務には、連邦保安官の美人助手・アビー、獲物は必ず殺す賞金稼ぎのエド・ウィリアムス、そしてエヴァンスに好意を寄せるオークレイなど、様々な人物の思惑が複雑に絡み合う――… 更にはエヴァンスの父であり最強最低の恋の師・カートも駆けつけ、事態は思いも寄らぬ展開へ!!! ゲスの極み親子、遂に共闘!? 命懸けの極秘任務の最中でも、2人の想いはとにかく「モテたい」!!! 清々しいほど不純な動機で荒野を駆け抜ける西部喜劇!!

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

保安官エヴァンスの嘘のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    初心で不運な主人公が微笑ましい
    主人公はひたすらかっこつけようとします。もてたいから!
    心理独白が見えている読者でなければ、きっとかっこよくも見えることでしょう。
    しかしことごとく裏目に出ます!
    各話ヒロインの心を動かせても、だからといって結ばれたりしない。思惑とは違った方向へいってしまう!
    そんな男女の思いと都合と運命の擦れ違いコメディです。
    総合的な画力はいまひとつ(西部劇で重要な動物である馬がアルパカみたいな体型だったりw)ではありますが、
    人物と衣装は見た目良く描けているので、そんなに気にせず楽しめます。
    中学生くらいの自分を思い出して主人公を応援してしまいつつ笑ってしまう、そんな作品です。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年11月13日