書籍の詳細

…ねぇ紺ちゃん“セックス”しようか 何となく帰りたくない放課後、秘密の屋上で紺野と出会った。「話しかけづらい」「威圧感があって怖い」と言う人もいるけど、カメラを被写体に向ける紺野は、いつも楽しそうな顔をしていた。尊敬 羨望 嫉妬 劣等感──…欲しかったすべてを持つ紺野に、複雑な感情が募っていく……高校時代、折り重なる日常、掛け違う焦点、新鋭・苑生が描くモラトリアムラブ

総合評価
5.0 レビュー総数:3件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

被写界深度のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • リアルで人間味がある物語
    高校で出会ってなんやかんやあり、3年後再会。2人の関係が動き出すって感じで、登場人物の感情がリアルで人間味があります。くっついてからのセックスもリアルで可愛い。優しい雰囲気で進む物語。これでデビューコミックスとはすごい。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年09月13日
  • 匿名希望
    映画みたいだった
    イメージとしては、ひと気のない砂浜で波の音を聴く...ような静かにゆっくりと想いを巡らすような感じのストーリー。
    まるで映画みたいで読み終わった後の余韻も心地よかった。
    • 参考になった 7
    投稿日:2017年10月08日
  • 匿名希望
    買ってよかった
    絵がきれいだったため購入しましたが、それだけじゃなくストーリーにも深みがあって。。久しぶりにほんとに買ってよかったと思える作品でした。
    • 参考になった 7
    投稿日:2017年10月01日