書籍の詳細

大学入学を機に東京にやってきた北島健太郎は、友達を100人作ろうと新歓コンパに参加するも緊張で訛りが出てしまい、見事ひとりぼっちになってしまった。アドバイスをくれる人もおらず、勧誘されるまま日サロ・肉体改造・おしゃれにお金を使い一文無し。イメチェンでゲイにモテモテになった健太郎はハッテン場でお金を稼ぐようになるのだか、新歓コンパで唯一連絡先を交換した綺麗な髪色の青年・優くんに売りがバレてしまい――。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ごめんしたって許さないのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    何度も読み返してる
    青森から東京の大学へ進学した健太郎。人が良すぎるために騙され続け(騙されたとすら思ってないが)あっという間に外見はオラオラ系細マッチョ、財布の中はからっぽ。あれよあれよと言う間におっさん相手に…ブヒィが死ぬほどキモい。読めば分かる。しかしお金くれるおっさんを「いい人だぁ〜」って感謝してて、どこまでピュアァァァアァァァア私のゲス黒い心を少し分けたいーーーーッッ
    同じサークルの優くん、おっさん斎藤さんとそれぞれアハーンするので、モブが嫌いな人は注意です。尿道責め好きさんいらっしゃい。私はリバ編をハチ公のごとく待ってる。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年02月18日