書籍の詳細

千雪&心と競い合う、敵同士になってしまった育人。そんな育人の闘志を呼び起こしたのは、予選での強敵━━龍之介の強烈な一言だった。五十嵐に認めさせたい心と、見返したい千雪。世界一の養母を越えたい遠。そして“ある人”に勝ちたい育人。それぞれの想いを胸に挑む芸華祭ファッションショーが、ついに開演! 都村育人、初めてのショーに“勝つため”の全力で挑む! まず、観客を沸かせたトップバッターは…!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

ランウェイで笑ってのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 第1話を読み終わってめっちゃ高まりました。すごい。物語が始まってすぐに提示される主人公の少女の「到達点」。そう、この話のゴールはもう決まっているのです。しかし読み進めてすぐに「この少女がどうやってその場所へたどり着くのか」という疑問を持つことになるでしょう。それくらい彼女の現在地とゴールには差があります。なるほどその道のりにワクワクする話なんだな、と思ってたところに現れたのは、少女と同じく、困難な夢を持つ少年。二人が戦友的な関係になるのか、それとも恋愛関係になるのかはまだわかりませんが、実に運命的なボーイミーツガール。そして1話ラストで改めて明示されたのは、冒頭で出てきた少女の到達点について。しかし冒頭と少し違う点がありました。少女の到達点にさらに「少年の到達点」が付け加えられるのです。つまりこの物語は、「ひとり」の少女の物語ではなく、少年少女「ふたりの」成長物語なのだと!それまで主役は一人だと思ってたのにW主役だったのか!というこの感じ! アニメ等でオープニングなしでいきなり本編が始まって、しばらくしてからドン!とオープニングが来るような感じというか。物語の図式がイッキに明らかになるこの流れは、第1話としてカンペキじゃないかと思いました。テーマも「服飾業界」とこれまでほとんど?少年マンガで描かれていない世界なので、どんな風に展開していくのか楽しみにしています。
    • 参考になった 4
    投稿日:2018年04月06日