書籍の詳細

平凡なOL・仲里泪はある日、殺人を犯してしまう。しかしその犯行は公にならず、警察は自殺として処理する方針らしい。混乱する彼女の元へ1台のスマホが届き、メッセージが表示される。「我々はあなたの事なら何でも知っています 何をなさったかも全て」その顔も知らない何者かは泪を意のままにあやつり、ついにはある男を殺すよう指令を下すのだが…。非力な普通の女性である泪に人を殺すことができるのか? 果たして彼女の運命は? 環望が描くノンストップ・アクション・サスペンス!

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

泪~泣きむしの殺し屋~のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 二面性
    この作者様が描く女性の二面性も、日常と紙一枚隔てて隣り合わせの非日常も好きです。
    ダンスインザヴァンパイアバンド→ソウルリキッドチェインバースときてこちらの作品にもたどりつきました。ヴァイオレンス、ホラー要素の強い他二作と比べてサスペンス重視ですね。
    ロリ要素が苦手な方もこちらは大丈夫なのでは(私は全部許容範囲でした)。分冊版も読みやすいですね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年10月15日