書籍の詳細

ある日通っている高校で空腹で倒れそうになっていた白波まやあにお弁当を分けてくれたのは、同じ学校の柴田浪玖。まやあは、自分は“蠱り者”だと言い、柴田に“君も蠱り者でしょ”と問いかけるが――。

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ドロねこ9のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 消化不良〜
    おそらく作者が一番消化不良では?と思える終わり方。
    静かな展開の序盤が長く、家族の昔話から一気に敵が入り乱れて、
    これからどうなる?と思ったら一気に収束…。
    使い古されたキャラだけど泥棒って良いなぁと思っていたので残念。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年09月01日