書籍の詳細

とある山荘で会社経営者の妻と8歳の息子が転落死した。夫は無実を主張するも、容疑者として拘束される。しかし、関係者の発言が食い違い、事件は思いも寄らない顔を見せはじめる。遺された妻の手記と息子の救援メール。事件前夜に食事をともにした友人夫妻や、生前に妻と関係のあった男たちの証言。容疑者の弁護人・睦木怜が最後に辿り着く、衝撃の真相とは!? 関係者の“告白”だけで構成された、衝撃の大逆転ミステリ。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

敗者の告白のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  •  1947(昭和22)年生まれの弁護士が60歳を機に弁護士生活に終止符を打ち作家を目指した。東京大学法学部卒、戦後史の節目節目で社会に大きなインパクトを与えてきた団塊の世代の一員。2010(平成22)年、『鬼畜の家』(講談社文庫、2014年5月9日配信)で第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。翌2011年、同作品が原書房より刊行され、これが小説家デビュー作品となった。選考委員のミステリー作家・島田荘司から「この作には、勤めの義務を果たし、能力の成熟とともに余暇生活に入った書き手に、こちらが期待するすべてがある」と高く評された深木章子(みき・あきこ)です。
     2017(平成29)年8月25日、彼女のデビュー5作目となる『敗者の告白』(角川書店)――文庫版刊行と同時に電書配信が始まりました。リーガル(法曹)ミステリーの傑作です。
     リーガルミステリーの傑作と書きましたが、被告人の犯罪の立証をめぐって検察官と弁護士が火花を散らす裁判シーンは全く出てきません。裁判シーンはありませんが、法というものの本質――誤解をおそれずに言うなら、法曹の現場でその限界を知り尽くしてきた著者が法への疑問を作品の根底に据えて書き上げた問題作と言っても過言ではありません。しかも、それが堅苦しい法理論として語られるのではなく、「手記」と「供述」を駆使した異色の構成、そして逆転に次ぐ逆転というミステリーの醍醐味を兼ね備えた展開によって読者は作品世界に一気に引きずり込まれていく・・・・・・。

    〈別荘二階ベランダから転落 東京の母子二人死亡〉の見出しが付いた地元新聞の2006年3月28日朝刊の記事で物語が始まります。

    〈二十七日午後六時十分ごろ、山梨県北杜(ほくと)市××町の本村弘樹(もとむらひろき)さん方の二階ベランダから、本村さんの妻と子供が転落したと通報があり、駆けつけた山梨県警H署の警察官が、約十三メートル下の地面に倒れている本村さんの妻瑞香(みずか)さん(三十五歳)と長男の朋樹(ともき)君(八歳)を発見した。二人は死亡が確認され、転落した際に全身を強く打って即死したものとみられている。
     本村さんは東京都国立(くにたち)市に居住する会社経営者で、春休みを××町の別荘で過ごすため、前日の二十六日から家族三人で現地を訪れていた。本村さんの話では、事件発生時は階下のリビングで休んでいたところ、突然、ドンという大きな音がして、気がつくと妻と息子の姿が見えなかったという。
     現場は、別荘用分譲地として開発された約十メートルの高低差のあるがけ地で、問題のベランダは、コンクリートの擁壁に張り出す形状になっており、高さ一メートル二十センチほどの鉄製のフェンスが設置されている。警察では、二人がなぜフェンスを乗り越えて転落したのか、慎重に調べを進めることにしている。〉

     IT関連の会社を経営する本村弘樹は、その日のうちに任意同行の形でH警察署に連行され、その日は一旦別荘に戻されますが、翌朝9時に迎えが来て、H署で取り調べを受け、夕方になって妻子を殺害した容疑で逮捕されます。独りでリビングにいたらすごい音がしたので、驚いて2階のベランダに駆けつけると二人が転落していたと主張する本村弘樹の顔や顎に残されていた生傷が警察官の目に留まらないはずはありません。任意同行の時から警察官のまなざしは容疑者を見るそれであったのですが、二日目の取り調べ中に決定的な情報――死んだ妻瑞香が遺していた「手記」の存在が明らかとなり、ただちに逮捕状が執行されたのです。
    「手記」は1年前に「お隣のセレブ奥様 快適生活をちょっと拝見」という特集記事で取材に来たことのある月刊誌『快適生活』の編集者宛てにメールで送られたもので、
    ・一か月前の2月1日、2歳7か月の娘由香が自宅バスタブで誤って死ぬ事故があった。夫の弘樹は由香を溺愛していた。その由香を不慮の事故で失くしたことに対する夫のやり場のない怒りが、あのとき家にいた私と朋樹に向けられた。
    ・長男の朋樹の本当の父親は、別荘の隣人、溝口雄二であり、そのことを夫が知っていた。
    ・夫の会社の経営が思わしくなく、私が相続した松濤の家を売って資金面で協力して欲しいと要求する夫とそれに快く応じようとしなかったため二人の間に感情の軋轢が生じていた。
     以上のことを縷々綴ったうえで、偶然寝室のドア越しに聞いてしまった夫の通話内容を明かします。妻がその存在を知らない携帯電話を使って、夫は何を語ったのか。

    〈ドア越しに聞こえる弘樹の声は、低く抑えてはいるものの、深い決意を秘めて落ち着いていました。
    「だいじょうぶ、絶対に失敗はしないさ。明日のうちに下見をすませて、明後日にはドライブに連れ出すから……。もちろん、二人いっぺんにやる。君はただ待っていればいい」
     自分の心臓の鼓動が、ドアを通して彼の耳に届くのではないかと思うほどでした。(中略)
     このときすでに、私には確信がありました。弘樹は、私の知らないどこかの女ときっかり九時に電話する約束をしていたのです。私が絶対に通話履歴を調べることのない秘密の携帯で……。そして、彼がその女に約束していたことは、まぎれもなく私と朋樹の殺害でした。〉

     夫による妻子殺害計画――。「手記」はこう続きます。

    〈好きな女のためなら、男はなんでもできるのかもしれません。いえ、それとも……。胸の奥でどす黒い疑念が湧き上がります。弘樹は女に溺(おぼ)れるような男ではないのです。
     彼が私と朋樹を殺す理由があるとしたら、それは女のためなどではなく、私たち親子がいなくなれば、槇岡の家の財産を自分の自由にできるからではないでしょうか。〉

     なぜ夫のもとを逃げ出さないのか。そしてなぜ手記を遺したのか。

    〈すぐさま朋樹を連れて逃げ出すべきだ。もう一人の自分が絶えずささやきかけています。それでも私に迷いがあるのは、この一連のできごとはすべて弘樹の策略で、私がまんまとそれに乗せられること、それこそが彼の狙いなのだという疑念を捨てきれないからです。
     本村の姓も、国立の家も、なにもかも捨てて私たちが逃げ出すこと。自分はなにも手を汚さずに、私と朋樹の存在を自分の人生から放逐すること。そのためなら、わざと怪しげなふるまいをして私を不安に陥れることくらい、彼にはなんの抵抗もないはずです。
     溝口さんなら……。朋樹の父親である溝口さんなら、きっとなんとかしてくれるに違いありません。あの人は情の深い人間です。でも、いまの溝口さんには佐木子さんがいます。やはり私は彼に助けを求めることはできません。なにも知らない佐木子さんに、なぜ弘樹が朋樹と私を憎むのか、その理由を知らせることだけは絶対に避けなくてはならないのですから。
     ひと晩中考えた末に私が出した結論が、この手記を書くことでした。私はこれを女性と自立社の藤井友利子さん、あなたに送付することに決めたのです。優秀なジャーナリストであるあなたなら、このおかしな手記を受け取っても、かならずや適切な対処をして下さるに違いありません。
     どうか私を嗤(わら)ってください。見栄っ張りの、バカな女だと蔑(さげす)まれてもけっこうです。これこそが、あの「セレブ奥様」の「快適生活」の真実の姿なのですから。
     いまは半信半疑でも、私の話が事実であったことが判明したとき、あなたが私の無念を晴らして下さることを、私は信じています。〉

     夫による妻子殺害計画を告発する被害者本村瑞香の「手記」はこう締めくくられていました。夫の本村弘樹に任意で事情を聞いていた警察は、編集者からの連絡でこの手記の存在を知らされて色めき立ち本村弘樹逮捕に踏み切るのですが、弘樹の容疑を裏付ける、もう一つの「死者の告発」がありました。
     幼稚園児だった3年ほど前から、祖母とのメール交換を続けてきた被害者本村朋樹が転落死の前夜、祖母宛にメールしていたのです。タイトルは「おばあちゃんにいうこと」。祖母の供述によれば〈私にはとても信じられないといいますか、信じたくないというのが正直な気持ち〉という衝撃的な事実が綴られていましたが、その内容はミステリー作品であることを考慮してこれ以上触れないでおきましょう。

     ここで全体の構成をざっと見ておきましょう。先述しましたが、裁判シーンはでてきません。
    〈序章 ことの始まり〉は、母子の転落死を伝える地元新聞の記事です。
    〈第一章 死者の告発〉
     会社員藤井友利子の司法警察員に対する供述調書
     被害者本村瑞香の手記
     無職本村育子の司法警察員に対する供述調書
     被害者本村朋樹のメール

     章見出しにある通り、第一章は二人の死者が書き遺した「告発」とメールを受け取った二人の司法警察員に対する供述調書で構成されています。

    〈第二章 生者の弁明〉
     被告人本村弘樹の陳述書

     ここまでで二人の死者の告発と生者の弁明が揃いますが、その内容が真っ向から食い違い、事件が思いもよらない顔を見せ始めます。
    〈第三章 証言者たち〉は、死者と生者の主張の食い違いを検証し、事件の謎に挑む被告人本村弘樹の弁護人、睦木怜(むつぎ・れい)による調査の記録です。
     会社員溝口雄二の弁護人に対する供述
     主婦溝口佐木子の弁護人に対する供述
     税理士吉田達彦の弁護人に対する供述
     事務職員小笠原翔太の弁護人に対する供述
     歯科医師乾公明の弁護人に対する供述

     溝口雄二と溝口佐木子の夫婦は、被告人本村弘樹の別荘の隣人であり、事件前夜、本村の別荘で一緒の時を過ごしています。溝口雄二が本村朋樹の本当の父親であることは既に書きました。税理士吉田達彦は、本村瑞香の実家の顧問税理士、小笠原翔太はそこの事務職員で、瑞香の相続処理を担当していた。吉田、小笠原に歯科医師乾公明を加えた3人は瑞香と関係していた。

     そして〈第四章 事件の本質〉は、判決から3か月後、本村弘樹に宛てた弁護士睦木怜の書簡で始まります。
     弁護士睦木怜の書簡
     Xにまつわるひとつの推論
     元被告人本村弘樹の書簡
     Xの独白

     睦木弁護士の書簡は、こう書き出されます。
    〈同じ時間に同じ場所でひとつの事柄を経験した二人の人間が、正反対の事実を述べて第三者に判定を求める。よく考えれば、裁判とはおかしなものです。
     被害者と加害者。真実は、当の本人たちがいちばんよく知っているにもかかわらず、彼らはなにも知らない裁判官に結論を委ねるのです。どちらかが嘘を吐いている──。真実を述べているのは、はたしてどちらなのか? なにも知らないがゆえに、裁判官は真摯に迷い、そして悩むことでしょう。
     本当は、どちらも真実を述べてはいないのかもしれません。それでも、刑事裁判に引き分けはありません。軍配はかならずどちらかに上がるのです。
     のっけから妙なことを申し上げました。(後略)〉

     被告人に下された判決で幕が閉じられるミステリーが多いのですが、本作品は、長い弁護士生活を経験して作家に転じた著者が「夫による妻子殺害事件」を通して描こうとした「法」をめぐる重いテーマが「判決後」に鮮やかに浮かび上がってきます。死者と生者の主張の食い違いや二人を取り巻く人たちの供述のそこかしこに重要な布石を埋め込んだ構成力は見事です。幾度、読み終えた章に立ち返って作者が仕掛けた“布石”を探して確かめたことか。

     続く〈終章 決着〉は、ある人物の自殺を報じる新聞記事。思いもよらない結末に息を呑みました。

    「法」とは、「裁判」とは何かを縦軸に、横軸には本村弘樹と溝口雄二、本村瑞香と溝口佐木子――四人の男女(二組の夫婦)の対照的な人生。これらを巧みに編みあわせたリーガルミステリー。タイトルの「敗者」という言葉が胸に突き刺さる。(2017/11/10)
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年11月10日