北の盆恋唄

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

秋田、西馬音内には700年に渡って続いている北の盆踊りがある。この盆踊りを舞台に今から300年程も昔から語り継がれてきた、一つの悲恋物語があった。西馬音内小町と謳われた油屋の一人娘小鈴と名主の本郷家の3男、作十の悲恋物語である。羽州屋万吉佐衛門と油屋の番頭喜助によって謀られ、油屋の当主の父平衛門は自殺してしまい、小鈴は羽州屋に拉致されてしまう。婚約者の作十は、油屋を再興して小鈴を探すが、探し当てた時には、小鈴はすっかり身を持ち崩し、丸太女郎の異名を持つ女郎に成り下がっていた。ようやく再会した作十と小鈴は、盆踊りの夜、足抜けを決行したが、追手に追いつかれ、作十(作平衛門)は壮絶な戦いの後に殺され、小鈴は作十の後を追って崖から身を投じたのだった。

カゴに追加 600 円(税別)

秋田、西馬音内には700年に渡って続いている北の盆踊りがある。この盆踊りを舞台に今から300年程も昔から語り継がれてきた、一つの悲恋物語があった。西馬音内小町と謳われた油屋の一人娘小鈴と名主の本郷家の3男、作十の悲恋物語である。羽州屋万吉佐衛門と油屋の番頭喜助によって謀られ、油屋の当主の父平衛門は自殺してしまい、小鈴は羽州屋に拉致されてしまう。婚約者の作十は、油屋を再興して小鈴を探すが、探し当てた時には、小鈴はすっかり身を持ち崩し、丸太女郎の異名を持つ女郎に成り下がっていた。ようやく再会した作十と小鈴は、盆踊りの夜、足抜けを決行したが、追手に追いつかれ、作十(作平衛門)は壮絶な戦いの後に殺され、小鈴は作十の後を追って崖から身を投じたのだった。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。