書籍の詳細

早朝の地下鉄で唇を重ね合わせてから、鈴木信也の中で杉木の存在が大きくなっていく。だが、今の関係を壊したくない鈴木は、その気持ちを胸に秘める。誰にも内緒のはずが、ダンスのレッスン中、溢れる想いが手をつたって相手に伝わり、杉木も知ることになる――。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

10DANCEのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 変わらない面白さ。
    社交ダンスの10種競技『10DANCE』出場を目指す、二人の男の話。スタンダードの杉木信也とラテンの鈴木信也は同じ年で名前が一文字違うだけで、パッと見別人なのに何故か似ている二人。この二人が切磋琢磨、七転八倒しながらダンスの頂点を目指して互いに手とり足とり高めあううち、別の感情も高めていく。何年か前に2巻まで読んだ後、気がつくと掲載紙が変わり、新装版が発売され、この度カテゴリーも変更となって発売された今作品。当方がのん気に3巻はまだかいなと昼寝していた間、作者様には大変な御苦労があったと偲ばれる。後書を読んで、永久的に作家買いする事に決めました。
    • 参考になった 9
    投稿日:2017年09月22日