書籍の詳細

感情や気力が枯渇する現代の奇病・枯れ人症候群──唯一治療できるのは『水師』のみ──「あれは病人を騙す詐欺師だ」その能力を疑う不動産屋の堤(つつみ)が出会ったのは、美貌の水師・保嵩(ほだか)。一日の大半を寝て過ごし、起きると毒舌を吐く保嵩に苛立つ堤。だがある日、仕事の現場を見て愕然!! 倒れるまで自分の生命力(エネルギー)を患者に与えるのだ。身を犠牲にしてまで治療する保嵩から次第に目が離せなくなり!? ※口絵・イラスト収録あり

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

一滴、もしくはたくさんのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 地雷の可能性アリ
    終盤、驚きの展開があります。多分、人によってそうとう地雷です。
    それを書いちゃうとあまりにもなネタバレになっちゃうし…。
    レビューサイトとか読んで、自分は大丈夫かそうでないか、よーっく確認してから読んだ方が良いです!
    自分は、大丈夫ではあったけど…大丈夫だっただけで、そうじゃない方が良かったなー、という感想。しかしこの痛さは挿絵湖水きよさんによく合ってる。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年12月19日