書籍の詳細

2017年、フランスの文学賞、「ニュンク・レビュー・ポエトリー賞」!「詩の礫」は、福島在住の詩人・和合亮一氏が被災6日目から「ツイッター」で発表を開始した新たな形式の詩です。140字という独特な制限の中で記された言葉は、迫真性と臨場感にあふれ、圧倒的な言葉の力は、極めて短期間で1万人を軽く超える読者の支持を得ました。湧出する感情のまま、まさに礫のごとく向かってくる詩の数々は、故郷・福島への愛しさ、肉親、子、友、自然への慟哭、震災への行き場なき怒り、絶対という概念を失った世界の不条理を描き、読者の心の深い部分を痛いほど衝いてきます。(以下、本書より) <今、これを書いている時に、まだ地鳴りがしました。揺れました。息を殺して、中腰になって、揺れを睨みつけてやりました。命のかけひきをしています。放射能の雨の中で、たった一人です。> <どんな理由があって命は生まれ、死にに行くのか。何の権利があって、誕生と死滅はあるのか。破壊と再生はもたらされるのか。> br><避難所で二十代の若い青年が、画面を睨みつけて、泣き出しながら言いました。「南相馬市を見捨てないで下さい」。あなたの故郷はどんな表情をしていますか。私たちの故郷は、あまりにも歪んだ泣き顔です。> <命を賭けるということ。私たちの故郷に、命を賭けるということ。あなたの命も私の命も、決して奪われるためにあるのではないということ。> <誰もいない 福島 静かな雨の夜 静かな涙は誰が流しているの この世を去ったその人を想いながら 想うしかない まぶたの中で目覚めるのは海> テレビ、新聞、雑誌、ラジオなど、「詩の礫」は多くのメディアに取り上げられました。修羅のごとく言葉をつむぐ姿は、読者を大いに共感、驚嘆させること必至です。ぜひご一読を。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

詩の礫のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  •  3月16日。3.11から5日。
    ・福島第一原子力発電所3号機から白い湯気のような煙(のちに3号機は地震の60時間後、2号機は101時間後にメルトダウンしていたと発表)。
    ・米国が福島第一原発から80キロ圏内在住の在日米国人に退避勧告。

    〈放射能が降っています。静かな夜です。 2011年3月16日21:30〉
    〈放射能が降っています。静かな静かな夜です。 2011年3月16日21:35〉
    〈あなたにとって故郷とは、どのようなものですか。私は故郷を捨てません。故郷は私の全てです。 2011年3月16日21:44〉

     20歳になったばかりの頃、作家の井上光晴さんに出会って、詩を書き始めた福島の青年がいた。「いいか、書くんだぞ。書いて、書いて、自分を創造していくんだぞ」――井上さんの言葉をきょとんとした思いで聞いていた20歳の青年は、2011年3月11日、東日本大震災と福島第一原子力発電所のメルトダウン事故の被災者となった。
     3月16日の夜、井上光晴さんの言葉に触発されて詩作を続けていた被災者はツイッターへの投稿を始めます。まったく先の見えない状況下、福島から発信するツイートの数々を詩人は「詩の礫(つぶて)」と名づけた。3.11後の空気をそのまま記録した、それは2か月後の5月26日まで続き、2011年6月、一冊の詩集に編まれた。
    『詩の礫(つぶて)』(徳間書店、2017年7月14日配信)。言葉の力を信じた詩人、和合亮一さんが被災地で書き続けた言葉の礫は2016年にフランス語版が刊行され、総合文化誌「NUNC(ニュンク)」が主催する文学賞「ニュンク・レビュー・ポエトリー賞」を受賞。「福島の原発災害という悲劇的な状況の中で湧き上がる詩的言語の奥深さと清さ。そして、外に向けて発信し、状況を伝え、そして現実/歴史を証言する緊急性がツイッターという手段と相まっている」という受賞理由は、福島で生き、福島から発信しつづける和合さんの創作活動と覚悟に対するなによりの言葉だと思う。
     ヒロシマ1945.8.6 AM8:15 ナガサキ1945.8.9 AM11:02 チュエルノブイリ(旧ソ連、現ウクライナ)1986.4.26 PM01:23 フクシマ2017.3.11 PM02:46――核の歴史に刻印された、4つの特別な一日。そのうちの3つが日本で起きたことであることを、私たちは記憶するべきだ、けっして忘れてはならない特別な日だ。
     この核の歴史に付け加えられるべき、新しい一日は――2017.7.7。核兵器禁止条約が122か国の賛成を得て国連で採択された、記録されるべき特別な日です。核兵器の使用や開発、実験、生産、製造、保有などを禁止するだけでなく、核抑止力の根幹ともされる「使用するとの威嚇」も禁止するという画期的な内容で、条約の前文には「核兵器の使用による被害者〈ヒバクシャ〉ならびに核兵器の実験によって影響を受けた人々に引き起こされる受け入れがたい苦痛と危害に留意」と、日本語のヒバクシャがそのままローマ字で〈hibakusha〉と綴られました。世界は”hibakusha”――「被爆者」、そして「被曝者」――を核を語る共通の言葉として受け入れたのです。しかし――安倍首相の政府は、核兵器を違法とする初めての条約へ参加しませんでした。広島市長(8月6日)、長崎市長(8月9日)がともに参加を求める発言を行いましたが、安倍政権が応じる様子はまったくありません。

     核兵器禁止の動きには不参加で水を差し、福島原発周辺地域への帰還を推し進め、一方で自主避難者に対しては自己責任論で迫り、さらに避難経路も計画も確保しないままに原発再稼働に走り、世界が風力や太陽光など再生可能エネルギーへのシフトを強める中で原子力発電所の新設さえ将来のエンルギ-計画のなかにしっかりと織り込むことを忘れない。3.11から6年――安倍政権とHIBAKUSHAとの間の深い溝が私たちの眼前で露わになっています。だからこそ、『詩の礫』の次の言葉を読んでいただきたい。

    〈南相馬市の夏が好きだった。真夏に交わした約束は、いつまでも終わらないと思っていた。原町の野馬の誇らしさを知っていますか? 2011年3月18日14:14〉
    〈南相馬市の野原が好きだった。走っても走ってもたどりつかない、世界の深遠。満月とススキが、原町の秋だった。 2011年3月18日14:15〉
    〈南相馬市の冬が好きだった。少しも降らない冬の、安らかな冷たさが好ましかった。原町の人々の無線塔の自慢話が好きだった。 2011年3月18日14:17〉
    〈あなたはどこに居ますか。あなたの心は風に吹かれていますか。あなたの心は壊れていませんか。あなたの心は行き場を失ってはいませんか。 2011年3月18日14:18〉

     20分ほどして、詩人はこう発信する。
    〈2時46分に止まってしまった私の時計に、時間を与えようと思う。明けない夜は無い。2011年3月18日14:45〉
     そしてさらに翌日――。
    〈あなたには、懐かしい街がありますか。暮らしていた街がありますか。その街はあなたに、どんな表情を、投げかけてくれますか。 2011年3月19日4:15〉
    〈あなたにとって、懐かしい街がありますか。私には懐かしい街があります。 2011年3月19日4:15〉
    〈その街は、無くなってしまいました。 2011年3月19日4:16〉

     放射能が降る静かな、静かな夜。ひとり、自己を見つめて紡ぐ和合さんの言葉。詩人が綴る想いは、静かに響き胸の底に重く沈んで、確かなものとしていつまでもそこにある。「制御」という言葉について、詩人はこんなふうにつぶやきます。
     3.11から11日。福島県5市町村の水道水から1キロあたり100ベクレル超えの放射性ヨウ素が検出された3月22日の夜――。

    〈制御とは何か。余震。 2011年3月22日22:08〉
    〈あなたは「制御」しているか、原子力を。余震。 2011年3月22日22:13〉
    〈人類は原子力の素顔を見たことがあるか。余震。 2011年3月22日22:16〉

     2013年9月7日。アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会に臨んだ安倍首相のプレゼンテーションは、『詩の礫』と対極にあるものでした。今も官邸ホームページに堂々と掲げられています。
    「フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも、及ぼすことはありません」
     スピーチ冒頭で、” The situation is under control”という強い表現で汚染水は完全にコントロールされていると強調した安倍首相の言葉。フクシマがそんな状況にはないことは、多くの日本人が知っています。政治的な思惑を秘めて発する政治家の言葉の軽さを示す典型例と言ったら、言い過ぎでしょうか。
     8月6日広島でも、8月9日長崎でも、多弁ではあるが胸には響かない、真のないスピーチが繰り返されました。そんな時だからこそ、揺れ続ける福島で和合亮一さんが発信してきた3.11後の記録に立ち返ってみたい。
    『詩の礫』のほか、続編にあたる『詩の礫 起承転転』(徳間書店、2017年7月14日配信)も注目です。そしてもう2冊――核の歴史に刻印されたヒロシマとナガサキの特別な日を撮った写真集、『ヒロシマ 1945.8.6――原爆を撮った男たち (1)』(日本写真家ユニオン、2008年7月18日配信)、『ナガサキ 1945.8.9――原爆を撮った男たち (2)』(日本写真家ユニオン、2008年7月18日配信)は、イーブックジャパンでしか読めない特別な本です。今も私たちに突き刺さってくる72年前の被爆実相が、ここにある。(2017/8/11)
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年08月11日