白球のゆくえ 戦後初の「高校野球」手渡された19球が映し出す復興の歴史

100円 (税別)

獲得ポイント 1pt (1%還元)

「夏の高校野球」の前身、「全国中等学校優勝野球大会」が戦争の中断から復活したのは、敗戦の1年後の1946年だった。山梨県の清里高原で農村開発に取り組んだことでも知られ、記念館もある知日派米国人(元立教大教授、元GHQ中佐)、ポール・ラッシュ氏が来賓として出席、出場校の主将たちに、19のボールを手渡した。大会の復活は日本の復興の表れであり、元気づけられる」「おめでとう。ドゥ・ユア・ベスト」。戦後70年を経て、そのボールたちは、どんな運命をたどったのか? 東京高師付中(現筑波大学付属高校)、芦屋中(現芦屋高)、山形中(現山形東高)、一関中(現一関一高)の元選手を訪ねて、高校野球という鏡が映しだした戦後日本の復興史を振り返る。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。

カゴに追加 100 円(税別)

「夏の高校野球」の前身、「全国中等学校優勝野球大会」が戦争の中断から復活したのは、敗戦の1年後の1946年だった。山梨県の清里高原で農村開発に取り組んだことでも知られ、記念館もある知日派米国人(元立教大教授、元GHQ中佐)、ポール・ラッシュ氏が来賓として出席、出場校の主将たちに、19のボールを手渡した。大会の復活は日本の復興の表れであり、元気づけられる」「おめでとう。ドゥ・ユア・ベスト」。戦後70年を経て、そのボールたちは、どんな運命をたどったのか? 東京高師付中(現筑波大学付属高校)、芦屋中(現芦屋高)、山形中(現山形東高)、一関中(現一関一高)の元選手を訪ねて、高校野球という鏡が映しだした戦後日本の復興史を振り返る。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。