書籍の詳細

エルフの末裔である伯爵令嬢のレナは、心を凍らせ、祖母や兄に言われるがまま、王子妃を目指していた。ところが、16歳になってから状況は一変。王子は別の女性と婚約し、家族は事故で行方不明になり、伯爵家は乗っ取られそうに! 窮地に陥ったレナは、兄の親友だという青年宰相ヴィクトリアスに助けられたのだが……。一人では危険だと彼の屋敷に連れ去られ、結婚を迫られてしまって!? 凍える少女の心を溶かす、ラブファンタジー。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ひねくれ宰相とエルフの姫君のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    面白いですが…
    此方の電子書籍版の発売は最近ですが、書籍自体は2013年から続編は発売されていません。
    つまり既刊されているのは2巻までで、3巻は4年前から未刊のまま良いところで終わってます(笑)
    相手の宰相はタイトル程捻くれておらず、それよりも恋慕を拗らせて変態気味です。
    最初の関係性は敵対する貴族同士でありながら、幼い頃に一目見たヒロインを10年程想い続けた宰相に段々惹かれて行き…と大筋はロミジュリ的な流れの中で様々な事件や出会いがありと、内容は面白いです。
    ただ先に述べた様に4年以上続巻が出ていませんので残念です。
    未刊で未完の作品ですので、出版社もその辺りの情報も踏まえて電子書籍化して頂きたいものです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年07月13日