書籍の詳細

【電子限定版】描き下ろし番外編収録。●厄介だと噂の先生の担当営業は、一筋縄ではいかない――!? 医療機器の営業として働く吉野(よしの)。担当を任されたのは、大病院の内科医で院長の息子・五十嵐(いがらし)先生だ。腕はイイが担当営業には厳しく、気に入らなければ即出禁にする傲慢っぷり。食事の手配や病院への送迎、休日まで呼び出され一緒に映画を観たりと振り回される日々だけど、患者と真摯に向き合う姿は担当として誇らしい。この先生のために頑張りたい――そう思い始めたある日、突然「フェラできる?」と奉仕を要求されて…!?

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

溶けるのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 溶ける、蕩ける。
    大病院の跡取りで、患者からの信頼も厚いが営業には冷たい五十嵐と医療機器営業の吉野の話。見易い絵でストーリーはスルスルと展開していくが、感情の見える絵で描かれているので腑に落ちない感が無い。五十嵐が吉野に好意を抱いた瞬間も、吉野が自分の気持ちを自覚した瞬間も、スッと心のなかに入ってくる。なので感情表現の下手くそな男の精一杯の我慢は、かなりの確率で萌えます。話としては、この1冊で完結していますが、叶うなら、もう少しだけこの二人を見ていたい。
    • 参考になった 7
    投稿日:2017年06月27日