【ぷち助と一緒にイラストで学ぼう♪術前術後アセスメント】 体温

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】ヒトの体温は、寒冷環境・暑熱環境のいずれの環境においても37.0℃付近に保たれており、数℃以上の大きな変化は生じにくくなっています。ヒトの体温といっても、変化しない部位は核心部(体腔など身体深部、脳など)であり、四肢・皮膚など末梢部の温度は周囲環境の影響を強く受けます(寒冷環境では低温に、暑熱環境では高温になります)。脳など重要臓器の細胞は温度変化に対して弱いため、重要臓器を保護するために核心温を適切な温度の幅(閾値間域)に保つ必要があります。核心温を保つための1つの機構として、末梢部の体温は比較的広い範囲で変化し、後に解説する熱放散を制御していると考えることができます。 手術に関連する体温の変化を理解するためには、正常のヒトの体温調節機構を理解しておかないといけません。体温調節機構を、熱産生と熱放散のシステムと温度受容器の2点に着目して解説します。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】ヒトの体温は、寒冷環境・暑熱環境のいずれの環境においても37.0℃付近に保たれており、数℃以上の大きな変化は生じにくくなっています。ヒトの体温といっても、変化しない部位は核心部(体腔など身体深部、脳など)であり、四肢・皮膚など末梢部の温度は周囲環境の影響を強く受けます(寒冷環境では低温に、暑熱環境では高温になります)。脳など重要臓器の細胞は温度変化に対して弱いため、重要臓器を保護するために核心温を適切な温度の幅(閾値間域)に保つ必要があります。核心温を保つための1つの機構として、末梢部の体温は比較的広い範囲で変化し、後に解説する熱放散を制御していると考えることができます。 手術に関連する体温の変化を理解するためには、正常のヒトの体温調節機構を理解しておかないといけません。体温調節機構を、熱産生と熱放散のシステムと温度受容器の2点に着目して解説します。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧12冊の書籍

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。