【見逃さない!進行させない! 今さら聞けない網膜疾患・検査の常識100】 網膜疾患の常識60 加齢黄斑変性の常識10

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】加齢黄斑変性とは 加齢黄斑変性は、加齢により網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積し、黄斑部が傷む病気です。50歳以上の人に多く見られますが、臨床では40歳代半ばから生じることもあります。2007年の久山町研究によると、有病率は1.3%で、日本の患者数は約69万人と推定されています。近年、生活の欧米化や超高齢社会の影響もあり、患者数は増加しています。 加齢黄斑変性は、萎縮型と滲出型に分けられます。萎縮型は網膜色素上皮が徐々に萎縮することで視力が低下していき、今のところ、有効な治療法はありません。滲出型では、脈絡膜ないし網膜から新生血管を生じ、出血や網膜浮腫、漿液性網膜剥離などを来し、網膜が障害されます(図1)。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】加齢黄斑変性とは 加齢黄斑変性は、加齢により網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積し、黄斑部が傷む病気です。50歳以上の人に多く見られますが、臨床では40歳代半ばから生じることもあります。2007年の久山町研究によると、有病率は1.3%で、日本の患者数は約69万人と推定されています。近年、生活の欧米化や超高齢社会の影響もあり、患者数は増加しています。 加齢黄斑変性は、萎縮型と滲出型に分けられます。萎縮型は網膜色素上皮が徐々に萎縮することで視力が低下していき、今のところ、有効な治療法はありません。滲出型では、脈絡膜ないし網膜から新生血管を生じ、出血や網膜浮腫、漿液性網膜剥離などを来し、網膜が障害されます(図1)。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧19冊の書籍

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。