【退院指導と看護の専門性】 肺がん術後患者の生活に関する不安や困難感の実態調査 ─効果的な退院指導に向けて

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに がん医療を取り巻く背景は,がん医療の進歩や診断群分類別包括制度に基づく包括医療などにより在院日数が短縮化傾向にある。特に,化学療法や放射線療法,ホルモン療法などは入院による治療だけでなく,外来で治療されることが多くなってきた。手術療法についても,今までは入院した後に,手術を受けるのに必要な検査やオリエンテーションが行なわれてきたが,最近では外来でほとんどの検査やオリエンテーションが終わり,入院後すぐに手術を受けることが増えている。さらに手術後も,リハビリテーションや社会復帰のための環境を調整してから退院していたのが,退院後に自宅で調整することが増えてきた。そして,退院後の生活を送るための注意点に関するオリエンテーション(退院指導)は,短い入院の間に実施する必要がある。退院指導では,不安なく退院し,生活できるような内容が求められる。そのために,退院後の患者が生活を送るなかで,どのような点を不安に思い,困っているかについて把握する必要がある。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに がん医療を取り巻く背景は,がん医療の進歩や診断群分類別包括制度に基づく包括医療などにより在院日数が短縮化傾向にある。特に,化学療法や放射線療法,ホルモン療法などは入院による治療だけでなく,外来で治療されることが多くなってきた。手術療法についても,今までは入院した後に,手術を受けるのに必要な検査やオリエンテーションが行なわれてきたが,最近では外来でほとんどの検査やオリエンテーションが終わり,入院後すぐに手術を受けることが増えている。さらに手術後も,リハビリテーションや社会復帰のための環境を調整してから退院していたのが,退院後に自宅で調整することが増えてきた。そして,退院後の生活を送るための注意点に関するオリエンテーション(退院指導)は,短い入院の間に実施する必要がある。退院指導では,不安なく退院し,生活できるような内容が求められる。そのために,退院後の患者が生活を送るなかで,どのような点を不安に思い,困っているかについて把握する必要がある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧12冊の書籍

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。