日本文学の発生 序説

768円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

「優れた著作である、というより怖ろしい力を秘めた本である」――三浦雅士(新版解説)あるものを発生させる力というのは、その発生自体が目的で終息するわけではない。発生した後もその力は一つの傾向を保ち、発生させたものの変化を促し続けるのである――。古代人が諺や枕詞、呪詞に顕した神意と神への信頼を、折口は「生命の指標(らいふ・いんできす)」と名づけ、詩歌や物語の変遷を辿りながら、古代より脈打つ日本文学の精神を追究する。生涯にわたり書き改め続けた貴重な論考。解説・井口樹生/三浦雅士(目次)詞章の伝承文学様式の発生律文学の根柢声楽と文学と小説戯曲文学における物語要素文学と饗宴と異人と文学と翁舞・翁歌日本文学の内容日本文学発想法の一面――誹階文学と隠者文学と笑う民族文学追い書き解説「日本文学の発生 序説」の課題 井口樹生新版解説 凝視と方針 三浦雅士著者略年譜

カゴに追加 768 円(税別)

「優れた著作である、というより怖ろしい力を秘めた本である」――三浦雅士(新版解説)あるものを発生させる力というのは、その発生自体が目的で終息するわけではない。発生した後もその力は一つの傾向を保ち、発生させたものの変化を促し続けるのである――。古代人が諺や枕詞、呪詞に顕した神意と神への信頼を、折口は「生命の指標(らいふ・いんできす)」と名づけ、詩歌や物語の変遷を辿りながら、古代より脈打つ日本文学の精神を追究する。生涯にわたり書き改め続けた貴重な論考。解説・井口樹生/三浦雅士(目次)詞章の伝承文学様式の発生律文学の根柢声楽と文学と小説戯曲文学における物語要素文学と饗宴と異人と文学と翁舞・翁歌日本文学の内容日本文学発想法の一面――誹階文学と隠者文学と笑う民族文学追い書き解説「日本文学の発生 序説」の課題 井口樹生新版解説 凝視と方針 三浦雅士著者略年譜

  • 紙と同時
レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。