あの影を愛した

250円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

「今日の私は聞き役です」 ■長篇小説の中心にいるのは美佐子という女性。中心、というのは登場の頻度が最も高く、彼女の視点が基本のトーンになっている、ということで 実は美佐子がこの小説の中では最も静かな存在である。彼女は多くの人と会い、ほとんどの場合、聞き手に回る。彼女ほど話しやすく、聡明で、気持ちの良い相手はいない。そうして人の話をすべて親身になって聞きながら 彼女は時折、プールに入って泳ぎ、コーヒーを飲み、手紙を書く。光のあたったプールにできるのは自分の影。影はいつだって冷静で、その影を彼女は愛している。【目次】一章 プールに降る雨 二章 素足で小川をわたる 三章 一杯のコーヒーから 四章 花嫁が語る、花嫁の父も語る 五章 私は潮騒からはじまった 六章 自分の花をみつけた 七章 神の子はすべてリズム 八章 あの影を愛した 【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

カゴに追加 250 円(税別)

「今日の私は聞き役です」 ■長篇小説の中心にいるのは美佐子という女性。中心、というのは登場の頻度が最も高く、彼女の視点が基本のトーンになっている、ということで 実は美佐子がこの小説の中では最も静かな存在である。彼女は多くの人と会い、ほとんどの場合、聞き手に回る。彼女ほど話しやすく、聡明で、気持ちの良い相手はいない。そうして人の話をすべて親身になって聞きながら 彼女は時折、プールに入って泳ぎ、コーヒーを飲み、手紙を書く。光のあたったプールにできるのは自分の影。影はいつだって冷静で、その影を彼女は愛している。【目次】一章 プールに降る雨 二章 素足で小川をわたる 三章 一杯のコーヒーから 四章 花嫁が語る、花嫁の父も語る 五章 私は潮騒からはじまった 六章 自分の花をみつけた 七章 神の子はすべてリズム 八章 あの影を愛した 【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: あの影を愛した
  • 著者名: 片岡義男
  • eBookJapan発売日: 2017年05月31日
  • 出版社: ボイジャー
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 2.4MB
  • 関連ジャンル: 日本文学小説・文芸
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。