残業してくれたスタッフに夜食代を渡した[飲食業経理の失敗事例]

50円 (税別)

獲得ポイント 通常1pt(1%還元) → 1pt(2%還元)

失敗は成功のもと! でも本当に失敗すると大変!?  そこで各界の専門家、しかも一流のプロフェッショナルが「よくある失敗事例」から正しい実務知識を解説。逆転のケーススタディで実務が身につく失敗から学ぶ実務講座シリーズ!新規開店、新装リニューアル、新メニュー開発…。時として失敗を恐れぬチャレンジが必要な飲食店経営。でも、だからこそ、「経理」で失敗してはいけません。本書はあらかじめ「飲食業経理の失敗」から貴店を守る電子書籍です。>>>>>私が経営しているレストランは24時間営業ですが、人手が足らない時には、勤務時間外まで残業をお願いする場合があり、その時にはレストランの食事(700円程度)を支給しています。 また深夜勤務者(午後10から翌日午前5時)に対しては、空いた時間に近所のコンビニで好きなものを買ってもらうように毎回金銭で500円を渡しています。 どちらも残業食事代として会社の損金にするつもりでいたのですが、念のため顧問税理士に確認をしたところ「深夜勤務者に対する金銭での500円支給については、給与の現物支給として所得税の課税対象となります」と指摘を受けました。

カゴに追加 50 円(税別)

失敗は成功のもと! でも本当に失敗すると大変!?  そこで各界の専門家、しかも一流のプロフェッショナルが「よくある失敗事例」から正しい実務知識を解説。逆転のケーススタディで実務が身につく失敗から学ぶ実務講座シリーズ!新規開店、新装リニューアル、新メニュー開発…。時として失敗を恐れぬチャレンジが必要な飲食店経営。でも、だからこそ、「経理」で失敗してはいけません。本書はあらかじめ「飲食業経理の失敗」から貴店を守る電子書籍です。>>>>>私が経営しているレストランは24時間営業ですが、人手が足らない時には、勤務時間外まで残業をお願いする場合があり、その時にはレストランの食事(700円程度)を支給しています。 また深夜勤務者(午後10から翌日午前5時)に対しては、空いた時間に近所のコンビニで好きなものを買ってもらうように毎回金銭で500円を渡しています。 どちらも残業食事代として会社の損金にするつもりでいたのですが、念のため顧問税理士に確認をしたところ「深夜勤務者に対する金銭での500円支給については、給与の現物支給として所得税の課税対象となります」と指摘を受けました。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 残業してくれたスタッフに夜食代を渡した[飲食業経理の失敗事例]
  • 著者名: 辻・本郷 税理士法人
  • eBookJapan発売日: 2017年05月20日
  • 出版社: 東峰書房
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 3.8MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 ビジネス
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。