これだけで勝てる 石田流のコツ

1232円 (税別)

獲得ポイント 13pt (1%還元)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。石田流はこの1冊でOK本書は各戦法で勝つために必要な定跡や考え方を伝授する「これだけで勝てるシリーズ」の石田流編です。振り飛車の中でも最も攻撃力の高いのが石田流。玉の囲いは最小限にして、さばきが生命線となります。ただ、組み上がりまでの手順に変化が多いのでそこはしっかりと押さえておかなければなりません。本書第1章で解説されている石田流の3つのコツは以下の通り。(1)組み上がるまで油断しない(2)低い形で戦う(3)▲7七桂と▲7七角を使い分けるこれらのコツを念頭に置きながら具体的な指し方を第2章以降で学んでいきます。第2章「石田流に組むまで」で駒組みを覚えた後、対急戦、対左美濃、対居飛車穴熊と一通りの居飛車の形に応じた指し方を解説しています。振り飛車を指したくて、しかも攻めたい。という方にぴったりの戦法です。ぜひ本書で指し方のコツを身につけて、実戦で試してください。

無料立ち読み(12ページ)

カゴに追加 1232 円(税別)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。石田流はこの1冊でOK本書は各戦法で勝つために必要な定跡や考え方を伝授する「これだけで勝てるシリーズ」の石田流編です。振り飛車の中でも最も攻撃力の高いのが石田流。玉の囲いは最小限にして、さばきが生命線となります。ただ、組み上がりまでの手順に変化が多いのでそこはしっかりと押さえておかなければなりません。本書第1章で解説されている石田流の3つのコツは以下の通り。(1)組み上がるまで油断しない(2)低い形で戦う(3)▲7七桂と▲7七角を使い分けるこれらのコツを念頭に置きながら具体的な指し方を第2章以降で学んでいきます。第2章「石田流に組むまで」で駒組みを覚えた後、対急戦、対左美濃、対居飛車穴熊と一通りの居飛車の形に応じた指し方を解説しています。振り飛車を指したくて、しかも攻めたい。という方にぴったりの戦法です。ぜひ本書で指し方のコツを身につけて、実戦で試してください。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: これだけで勝てる 石田流のコツ
  • 著者名: 著:大平武洋
  • eBookJapan発売日: 2017年05月19日
  • 出版社: マイナビ出版
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 225ページ
  • 立読ページ数: 12ページ
  • ファイルサイズ: 147.9MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 囲碁マイナビ将棋BOOKS
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。