書籍の詳細

あんな格好やこんな格好で窓から姿を現す不思議な女の娘(こ)マドカちゃんと、彼女に翻弄されるサラリーマン・小田君の、ニヤニヤ必至窓際コミュニケーション!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

まどからマドカちゃんのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 70年代コントの美味しいどこ取り!
    いや、こう言うコメディーは久々でした。
    なんかドリフや欽ちゃんを思い出した(^_^;)。
    通りがかりのサラリーマンの相方がふいと軒下に雨宿りした下宿。
    そこの住人の主人公であるまどかさんが窓越しにノリノリになって仕込みを始めるという・・・・
    露店やったり花見を部屋内(!)でやったり茶道のハズが曲芸にその他モロモロ。
    しかも主人公のまどかさん、
    けっこうやっつけ仕事!
    勢いでネタ振っておきながら仕込み不足だったり煽られて無茶してギブアップしたりで、「三寸芝居」を地で行くそのノリが笑えます。
    それでも相方の親身になってネタを振るっていきます。
    そしてこのまどかさん、
    台詞の吹き出しが無いのでけっこう所作で売り込んできます。
    そこが絶妙。
    説明は相方がみんなしちゃう。
    またネタも「それ部屋の中違ゃうだろう!」ッてのもあって際倫がないです。
    かわいいおねーさんのハズなのに中身まんまオヤジな所も巧く回ってます。
    こんな下町なお節介おねーさんは好きですか(^^ゞ。
    なら読みましょう。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年06月03日