挑発する写真史

2000円 (税別)

獲得ポイント 20pt (1%還元)

現実を撮っても、真実は写らない。写真は現実から何かを奪っている。都市を撮り続ける写真家と、写真の最先端を読み解く評論家。「撮ること=見ること」という視点から、写真の《正体》に対話で迫る。タカザワ「すぐれた写真家は自分自身の写真史を持っている」、金村「写真って言葉ですよ。言葉を誘発します」タカザワ「写真家の見方っておもしろい!」、金村「この歳になって、真実に気がつきたくなかったなって(笑)」写真の「上手/下手」、写真を「撮る/撮らない」、写真家の「純粋さ/仕事」、写真家の「正解/誤解」。写真の《歴史》を象るものとは。講義は「芸術か、記録か」の範疇を超えた――。○装幀・デザイン=大原大次郎、宮添浩司 <目次>第一講 モダニズム写真の源流ウジェーヌ・アッジェ、ベレニス・アボット、ウォーカー・エヴァンス第二講 芸術写真か、写真芸術かアルフレッド・スティーグリッツ、荒木経惟、1970年代の自主ギャラリーの作家たち第三講 スナップショットの輪廻転生アンリ・カルティエ=ブレッソン、森山大道、牛腸茂雄第四講 リアリズムとは何か安井仲治、土門拳、ダイアン・アーバス第五講 アメリカン・ドキュメンタリーと日本ロバート・フランク、鈴木清、春日昌昭第六講 ニューヨーク近代美術館の“ドキュメンタリー”リー・フリードランダー、ミラーズ・アンド・ウインドウズ、ゲイリー・ウィノグランド第七講 商業写真と作家主義アーヴィング・ペン、リチャード・アヴェドン、篠山紀信第八講 写真はすべて平面である桑原甲子雄、中平卓馬、ルイス・ボルツ、渡辺兼人第九講 現代美術の中の凶暴な写真ベッヒャー夫妻、深瀬昌久、ウィリアム・エグルストン最終講 虫喰いの写真史から立ち上がる「新しい写真」<著者について>金村 修(かねむら・おさむ)1964年、東京都生まれ。写真家。20代半ばまでミュージシャンを志す。1989年、東京綜合写真専門学校に入学。タブロイド紙配達のアルバイトをしながら、都市の写真を撮り始める。在学中の92年、オランダの写真展「ロッテルダム・フォト・ビエンナーレ」に作品が選出される。93年、東京綜合写真専門学校研究科を卒業。同年に最初の個展を開催する。95年最初の写真集『Crash landing』を刊行。96年、ニューヨーク近代美術館が行なった展覧会「New Photography 12」に「世界に注目される6人の写真家」のうちの一人として選ばれる。97年、東川町国際写真フェスティバル新人作家賞、日本写真協会新人賞受賞。2000年、史上2番目の若さで、土門拳賞を受賞。14年、伊奈信男賞を受賞。タカザワケンジ1968年、群馬県生まれ。写真評論家。91年、早稲田大学第一文学部卒業。「アサヒカメラ」「IMA」「PHaTPHOTO」などの写真雑誌に寄稿。評論のほか、写真家への取材、写真集の編集構成、国内外の写真展やフォトアートフェア、フォトフェスティバルへの取材、写真をテーマにした実験的な展示など、現代写真の最先端に目配せしつつ、写真全般について精力的なフィールドワークを続けている。携わった写真関連書に、高梨豊著『ライカな眼』(毎日コミュニケーションズ、編集・構成)、渡辺兼人写真集『既視の街』(東京綜合写真専門学校出版局+AG+ Gallery、構成・解説)、Val Williams『Study of PHOTO 名作が生まれるとき』(ビー・エヌ・エヌ新社。日本語版監修)など多数。東京造形大学、東京綜合写真専門学校、東京ビジュアルアーツで非常勤講師を務める。

カゴに追加 2000 円(税別)

現実を撮っても、真実は写らない。写真は現実から何かを奪っている。都市を撮り続ける写真家と、写真の最先端を読み解く評論家。「撮ること=見ること」という視点から、写真の《正体》に対話で迫る。タカザワ「すぐれた写真家は自分自身の写真史を持っている」、金村「写真って言葉ですよ。言葉を誘発します」タカザワ「写真家の見方っておもしろい!」、金村「この歳になって、真実に気がつきたくなかったなって(笑)」写真の「上手/下手」、写真を「撮る/撮らない」、写真家の「純粋さ/仕事」、写真家の「正解/誤解」。写真の《歴史》を象るものとは。講義は「芸術か、記録か」の範疇を超えた――。○装幀・デザイン=大原大次郎、宮添浩司 <目次>第一講 モダニズム写真の源流ウジェーヌ・アッジェ、ベレニス・アボット、ウォーカー・エヴァンス第二講 芸術写真か、写真芸術かアルフレッド・スティーグリッツ、荒木経惟、1970年代の自主ギャラリーの作家たち第三講 スナップショットの輪廻転生アンリ・カルティエ=ブレッソン、森山大道、牛腸茂雄第四講 リアリズムとは何か安井仲治、土門拳、ダイアン・アーバス第五講 アメリカン・ドキュメンタリーと日本ロバート・フランク、鈴木清、春日昌昭第六講 ニューヨーク近代美術館の“ドキュメンタリー”リー・フリードランダー、ミラーズ・アンド・ウインドウズ、ゲイリー・ウィノグランド第七講 商業写真と作家主義アーヴィング・ペン、リチャード・アヴェドン、篠山紀信第八講 写真はすべて平面である桑原甲子雄、中平卓馬、ルイス・ボルツ、渡辺兼人第九講 現代美術の中の凶暴な写真ベッヒャー夫妻、深瀬昌久、ウィリアム・エグルストン最終講 虫喰いの写真史から立ち上がる「新しい写真」<著者について>金村 修(かねむら・おさむ)1964年、東京都生まれ。写真家。20代半ばまでミュージシャンを志す。1989年、東京綜合写真専門学校に入学。タブロイド紙配達のアルバイトをしながら、都市の写真を撮り始める。在学中の92年、オランダの写真展「ロッテルダム・フォト・ビエンナーレ」に作品が選出される。93年、東京綜合写真専門学校研究科を卒業。同年に最初の個展を開催する。95年最初の写真集『Crash landing』を刊行。96年、ニューヨーク近代美術館が行なった展覧会「New Photography 12」に「世界に注目される6人の写真家」のうちの一人として選ばれる。97年、東川町国際写真フェスティバル新人作家賞、日本写真協会新人賞受賞。2000年、史上2番目の若さで、土門拳賞を受賞。14年、伊奈信男賞を受賞。タカザワケンジ1968年、群馬県生まれ。写真評論家。91年、早稲田大学第一文学部卒業。「アサヒカメラ」「IMA」「PHaTPHOTO」などの写真雑誌に寄稿。評論のほか、写真家への取材、写真集の編集構成、国内外の写真展やフォトアートフェア、フォトフェスティバルへの取材、写真をテーマにした実験的な展示など、現代写真の最先端に目配せしつつ、写真全般について精力的なフィールドワークを続けている。携わった写真関連書に、高梨豊著『ライカな眼』(毎日コミュニケーションズ、編集・構成)、渡辺兼人写真集『既視の街』(東京綜合写真専門学校出版局+AG+ Gallery、構成・解説)、Val Williams『Study of PHOTO 名作が生まれるとき』(ビー・エヌ・エヌ新社。日本語版監修)など多数。東京造形大学、東京綜合写真専門学校、東京ビジュアルアーツで非常勤講師を務める。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。