書籍の詳細

高校生の七音は誰にも言えない恋をしていた。相手は、幼馴染みの皐だ。小さい頃は女の子みたいに可愛かった皐だけど、今では七音が見上げるくらい背も高くなり、女の子にモテまくっている。皐が好きだ、でも、この気持ちは絶対知られたくない!そう思うのに後ろから抱きしめられたり、同じベッドで眠ったり、毎日、皐に恋していた。この気持ちがバレて気持ち悪いと思われる前に、誰かとつきあおう。そう思っていた七音だけど!?

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

本当は好きなのにのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 絵が好き
    この作者の絵が好きで読んでいます。
    攻めはかっこよく、受けは可愛い感じでストーリーは幼馴染ラブの王道ですが、絵のおかげでエロすぎず、爽やかな後味で読める作品でした。
    何回も読み返したくなる作品で、おススメです。
    ストーリーと絵を違う方が担当されてるみたいですが、他の作品でもタッグを組んでいるものがあり、その作品もかなり面白いです。
    また新しい作品が出ることを祈ってます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年12月18日
  • 月村先生と樹要先生のタッグ、今作のお話は幼稚園の頃からの幼馴染同士の恋です! 王道設定大好物です!!
    小さい頃は受けのほうが体も大きくて頼られていたのに成長するにつれて攻めの身長が伸びてイケメンになるっていう設定にまず萌えました。
    ストーリーはタイトル通り、本当は大好きで一緒にいるだけでドキドキしちゃうのに、素直に気持ちを打ち明けられない受けの七音(なおと)の葛藤がもどかしくもかわいくって(´///`)2人の想いが通じるシーンでは攻めの気持ちもようやく見えて、甘々なラストで大満足でした♪
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年08月25日