現代金権史

山路 愛山 解説:岡 利郎

インタープレイ

ジャンル:ノンフィクション

600円 (税別)

6ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2005年05月13日

ユーザー評価なし レビューを見る
ユーザー評価なし レビューを見る

現代金権史の内容

シリーズ書籍一覧 1冊を配信中

現代金権史の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

NHK大河ドラマ「龍馬伝」の評判がいい。なかでも三菱グループ創始者・岩崎弥太郎役の香川照之の熱演がうけていて、その影響からか、岩崎弥太郎への関心もにわかに高まっているとか。「現代金権史」は明治中期から大正初期にかけて活躍したジャーナリスト山路愛山が三菱会社を中心にすえて「政治と富豪」を徹底的に解析した同時代史。岩崎弥太郎の三菱会社は、明治7年の江藤新平の乱を皮切りに台湾征討、西郷隆盛の西南戦争へと続く戦乱の時代に明治政府と共同歩調をとることによって一大王国へと成長を遂げる。それは山路によれば、政治家は主人にして金持ちは従者たりし昔日の天下が一変し、金持ちが主人にして政治家は従者たるの時代が始まったことを痛感させたという。「政治家全く金持ちの隷属となり」とまで書いている。大隈重信(進歩党)と岩崎家(三菱)の関係が象徴するように、この時すでに「政治とカネ」の問題が始まっているとも言えるのだ。(2010/2/5)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。