「お金」で読み解く世界史

800円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

「お金(の流れ)」を通して見ると、世界史がこんなに「人間臭く」なる!元人気予備校講師でベストセラー作家の著者が教える、教養としてはもちろん、利殖やビジネスのヒントにもつながる有益な世界史。「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ――。」19世紀後半、ドイツを統一した鉄血宰相ビスマルクは、そんな至言を残した。では、教養としての歴史がブームないま、本当に学んでおくべき歴史とは何だろうか?この本では、政治や戦争、文化で語られがちな歴史を、視点を変えて、個人の蓄財から商売、貿易、金融、商社や国家の財務まで含めた「お金の流れ」から読み解き、歴史の本質をつかむもの。本書を読むことで、国家や王室、政権などの栄枯盛衰のパターン、国家や王室よりも本当は世界を動かしていた存在、戦争の勝敗を本当に裏側で左右していたこと、お金をめぐる執着や欲望が時として世界史を揺るがす大きな事件を引き起こしたこと、現在の資本主義社会のシステム(金融システム)のはじまりなどが理解でき、古代から産業革命前の人類がいかに財や富を追い求めてきたかを知ることで、歴史を本当に動かしていたのが「お金の流れ」であることが頷けるはずである。

カゴに追加 800 円(税別)

「お金(の流れ)」を通して見ると、世界史がこんなに「人間臭く」なる!元人気予備校講師でベストセラー作家の著者が教える、教養としてはもちろん、利殖やビジネスのヒントにもつながる有益な世界史。「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ――。」19世紀後半、ドイツを統一した鉄血宰相ビスマルクは、そんな至言を残した。では、教養としての歴史がブームないま、本当に学んでおくべき歴史とは何だろうか?この本では、政治や戦争、文化で語られがちな歴史を、視点を変えて、個人の蓄財から商売、貿易、金融、商社や国家の財務まで含めた「お金の流れ」から読み解き、歴史の本質をつかむもの。本書を読むことで、国家や王室、政権などの栄枯盛衰のパターン、国家や王室よりも本当は世界を動かしていた存在、戦争の勝敗を本当に裏側で左右していたこと、お金をめぐる執着や欲望が時として世界史を揺るがす大きな事件を引き起こしたこと、現在の資本主義社会のシステム(金融システム)のはじまりなどが理解でき、古代から産業革命前の人類がいかに財や富を追い求めてきたかを知ることで、歴史を本当に動かしていたのが「お金の流れ」であることが頷けるはずである。

  • 紙と同時
レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 「お金」で読み解く世界史
  • 著者名: 関眞興
  • eBookJapan発売日: 2017年04月05日
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • 連載誌・レーベル: SB新書
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 19.8MB
  • 関連ジャンル: 専門書 歴史SB新書
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。