リーダーのための7つの習慣

1260円 (税別)

獲得ポイント 13pt (1%還元)

「コヴィー博士の集中講義シリーズ」は、コヴィー博士のあらゆる著作から、現在のビジネス・パーソンの方々の課題に応えることができるよう、テーマ(セルフ・リーダーシップ、コミュニケーション、チームを導くリーダーシップ、タイム・マネジメント、プロジェクト・マネジメント、信頼構築、Win - Winセールス、キャリア・デザインなど)毎に内容を厳選し編纂したものです。本シリーズによって、皆様の知識としてだけではなく、パラダイム、行動に変化をもたらし、より良い結果という果実を少しでも掴んでいただきたいと思います。本書『リーダーのための7つの習慣』は、コヴィー博士の『7つの習慣』『7つの習慣 最優先事項』『原則中心リーダーシップ』『第8の習慣』『第3の案』(いずれもキングベアー出版)から、リーダーやマネージャーに必要なチーム・リーディングの原則と方法を明らかにしたものです。現在のような時代では、リーダーの価値はますます高まっています。組織はリーダー次第で変わると言っても過言ではないでしょう。 「7つの習慣」は、リーダーの方々にこそ必要なパラダイムとスキルです。現在の厳しい時代の中、リーダーとして組織やチームを導くために、「7つの習慣」をぜひ自分のものにしていただき、日々の習慣として実行してください。これからのリーダーは、まずは自分自身をうまくマネジメントすることを学び、そのうえで、ほかの人々を率いなければなりません。リーダーやマネージャーとして「7つの習慣」の成長の連続体をとらえた場合、自分自身をマネジメント(セルフ・マネジメント)によって私的成功を得て、そのうえでチームや組織のメンバーが自らマネジメントし、才能をフルに発揮させることで公的成功を得ることができたのです。つまり、チームや組織の成功(公的成功)を得るためには、リーダーやマネージャーの私的成功が前提になるということです。まず、リーダーやマネージャーは私的成功を得るために、セルフ・マネジメントする必要があります。それは自分にとって選択肢の幅を広げ、そして重要なことに集中し、計画・実行することです。 「7つの習慣」には、三つのセルフ・マネジメントの習慣があります。「第1の習慣 主体的である」「第2の習慣 終わりを思い描くことから始める」「第3の習慣 最優先事項を優先する」の三つです。これら三つのセルフ・マネジメントによって私的成功を実現することなしには、人と人との 協働作業による公的成功を果たすことはできません。公的成功を実現するためには「人を導く」ための原則とスキルが必要です。それが「7つの習慣」の成長の連続体で「公的成功」を導く「第4の習慣 Win‐Winを考える」「第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される」「第6の習慣 シナジーを創り出す」であり、これらによってチームメンバーが自らマネジメントすることを促し、組織とし てシナジーを生み出すことにつながります。 それらの習慣を学ぶことによって、リーダーやマネージャーがチーム・メンバーをマネジメントするのではなく、彼ら自らがマネジメントできるようにし、相互依存の状態に達することができます。リーダーとして、マネージャーとして、チーム・メンバーを正しい方向へ導くには、メンバー内で創造的な第3の案を生み出さなければなりません。そのためには、メンバー自らのマネジメントを促し、Win‐Winの考え方とともに、相手を理解し、正しいフィードバックを行うことが必要です。そうすることでチームとしてのシナジーを創り出すことができるようになります。最後に、「可能性を引き出す」です。これは「第7の習慣 刃を研ぐ」となります。チーム・メンバー自身が持つ潜在能力を引き出す習慣であり、優れたリーダーやマネージャーが行うべき究極の役割といえるでしょう。優れたリーダーやマネージャーは、メンバーを人として、可能性を最大限に引き出さなければならないのです。

カゴに追加 1260 円(税別)

「コヴィー博士の集中講義シリーズ」は、コヴィー博士のあらゆる著作から、現在のビジネス・パーソンの方々の課題に応えることができるよう、テーマ(セルフ・リーダーシップ、コミュニケーション、チームを導くリーダーシップ、タイム・マネジメント、プロジェクト・マネジメント、信頼構築、Win - Winセールス、キャリア・デザインなど)毎に内容を厳選し編纂したものです。本シリーズによって、皆様の知識としてだけではなく、パラダイム、行動に変化をもたらし、より良い結果という果実を少しでも掴んでいただきたいと思います。本書『リーダーのための7つの習慣』は、コヴィー博士の『7つの習慣』『7つの習慣 最優先事項』『原則中心リーダーシップ』『第8の習慣』『第3の案』(いずれもキングベアー出版)から、リーダーやマネージャーに必要なチーム・リーディングの原則と方法を明らかにしたものです。現在のような時代では、リーダーの価値はますます高まっています。組織はリーダー次第で変わると言っても過言ではないでしょう。 「7つの習慣」は、リーダーの方々にこそ必要なパラダイムとスキルです。現在の厳しい時代の中、リーダーとして組織やチームを導くために、「7つの習慣」をぜひ自分のものにしていただき、日々の習慣として実行してください。これからのリーダーは、まずは自分自身をうまくマネジメントすることを学び、そのうえで、ほかの人々を率いなければなりません。リーダーやマネージャーとして「7つの習慣」の成長の連続体をとらえた場合、自分自身をマネジメント(セルフ・マネジメント)によって私的成功を得て、そのうえでチームや組織のメンバーが自らマネジメントし、才能をフルに発揮させることで公的成功を得ることができたのです。つまり、チームや組織の成功(公的成功)を得るためには、リーダーやマネージャーの私的成功が前提になるということです。まず、リーダーやマネージャーは私的成功を得るために、セルフ・マネジメントする必要があります。それは自分にとって選択肢の幅を広げ、そして重要なことに集中し、計画・実行することです。 「7つの習慣」には、三つのセルフ・マネジメントの習慣があります。「第1の習慣 主体的である」「第2の習慣 終わりを思い描くことから始める」「第3の習慣 最優先事項を優先する」の三つです。これら三つのセルフ・マネジメントによって私的成功を実現することなしには、人と人との 協働作業による公的成功を果たすことはできません。公的成功を実現するためには「人を導く」ための原則とスキルが必要です。それが「7つの習慣」の成長の連続体で「公的成功」を導く「第4の習慣 Win‐Winを考える」「第5の習慣 まず理解に徹し、そして理解される」「第6の習慣 シナジーを創り出す」であり、これらによってチームメンバーが自らマネジメントすることを促し、組織とし てシナジーを生み出すことにつながります。 それらの習慣を学ぶことによって、リーダーやマネージャーがチーム・メンバーをマネジメントするのではなく、彼ら自らがマネジメントできるようにし、相互依存の状態に達することができます。リーダーとして、マネージャーとして、チーム・メンバーを正しい方向へ導くには、メンバー内で創造的な第3の案を生み出さなければなりません。そのためには、メンバー自らのマネジメントを促し、Win‐Winの考え方とともに、相手を理解し、正しいフィードバックを行うことが必要です。そうすることでチームとしてのシナジーを創り出すことができるようになります。最後に、「可能性を引き出す」です。これは「第7の習慣 刃を研ぐ」となります。チーム・メンバー自身が持つ潜在能力を引き出す習慣であり、優れたリーダーやマネージャーが行うべき究極の役割といえるでしょう。優れたリーダーやマネージャーは、メンバーを人として、可能性を最大限に引き出さなければならないのです。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。