書籍の詳細

リンゼイに義理の兄ができたのは10歳のとき。父の再婚相手の連れ子ルーカスは17歳の美しい青年で、実母を亡くした彼女をやさしく気遣ってくれた。リンゼイのルーカスへの想いは、いつしか特別なものへと変わっていった。そんなとき、事故で両親が帰らぬ人となり、兄妹ふたりきりになってしまった。すると、あれほど愛情深かったルーカスは突然別人のように冷淡になり、花嫁学校へ入学するようリンゼイに厳しく迫ってきた。なぜ私を遠ざけようとするの?

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ドーセットの恋物語のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    典型的だけど、なかなかGOOD♪
    篠崎佳久子さん、久しぶりに読みました♪
    連れ子同士で、両親が亡くなって二人きりになってしまって……、
    と来れば、大体の話の流れは予想通りでした。
    相変わらずな、ハーレクイン漫画のあっさりとした話の展開でしたが、
    ヒーロー・ルーカスの本心を知って、
    彼に果敢に迫っていくヒロイン・リンゼイが良かった♪
    そして、亡くなる数日前にお父さんが遺したリンゼイ宛の手紙は、
    心温まる内容でこちらもGOODでした♪
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年04月09日