【新しいチロシンキナーゼ阻害薬】 各臓器がんに対する新しいチロシンキナーゼ阻害薬 肺がん

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肺がん領域では、上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対して、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKIs)が治療効果を示すことが確認されたのを皮切りに、ALK融合遺伝子やROS1融合遺伝子、RET融合遺伝子、MET exon 14 skipping変異など数多くのドライバー遺伝子変異が同定され、これらに対するTKIsをはじめとした分子標的薬の開発が盛んに行われている。一方、EGFR-TKIsやALK-TKIsは、一旦奏効するが、ほとんどすべての症例で獲得耐性により再発することが新たな臨床的問題となっている。特にEGFR遺伝子変異陽性NSCLCにおいては、耐性化した症例の約半数でT790M変異が認められるが、それを標的とした第3世代EGFR-TKIsの有効性が示されている。またALK融合遺伝子陽性NSCLCに対しても、新規のALK-TKIsが次々に開発されている。今後もドライバー遺伝子変異や耐性化の機序に対する新しいTKIsの開発が続くと思われる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肺がん領域では、上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対して、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKIs)が治療効果を示すことが確認されたのを皮切りに、ALK融合遺伝子やROS1融合遺伝子、RET融合遺伝子、MET exon 14 skipping変異など数多くのドライバー遺伝子変異が同定され、これらに対するTKIsをはじめとした分子標的薬の開発が盛んに行われている。一方、EGFR-TKIsやALK-TKIsは、一旦奏効するが、ほとんどすべての症例で獲得耐性により再発することが新たな臨床的問題となっている。特にEGFR遺伝子変異陽性NSCLCにおいては、耐性化した症例の約半数でT790M変異が認められるが、それを標的とした第3世代EGFR-TKIsの有効性が示されている。またALK融合遺伝子陽性NSCLCに対しても、新規のALK-TKIsが次々に開発されている。今後もドライバー遺伝子変異や耐性化の機序に対する新しいTKIsの開発が続くと思われる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。