精神科病院で人生を終えるということ その死に誰が寄り添うか

3500円 (税別)

獲得ポイント 35pt (1%還元)

人々の目に触れることがない、精神科単科病院の「身体合併症病棟」。ここがどのような場所で、どのような人が生き、そして死んでいくのか精神医療は、一般にも医療の中でもタブー視されているのではないかと考えます。本書は、少しでも精神医療を知るきっかけにしてほしいと、日経メディカルOnlineで執筆したコラムをまとめました。・なぜ、長期間退院できないのか。・なぜ、精神科医が身体疾患を診るのか。・なぜ、転院を断られるのか。・なぜ、家族は治療を拒否するのか。・なぜ、精神科病院は人里離れた場所や山の麓に多いのか。精神科単科病院で亡くなっていった人たちの人生や、家族・友人との人間関係を通して、精神科疾患を有する人の日常や精神科医療の実際を描き出すと同時に、胃瘻造設や延命治療の是非、誤嚥性肺炎、患者家族への説明の難しさなど、終末期医療に共通する医師の悩みも吐露されています。特別編として、相模原障害者施設殺傷事件についても書き下ろしています。

カゴに追加 3500 円(税別)

人々の目に触れることがない、精神科単科病院の「身体合併症病棟」。ここがどのような場所で、どのような人が生き、そして死んでいくのか精神医療は、一般にも医療の中でもタブー視されているのではないかと考えます。本書は、少しでも精神医療を知るきっかけにしてほしいと、日経メディカルOnlineで執筆したコラムをまとめました。・なぜ、長期間退院できないのか。・なぜ、精神科医が身体疾患を診るのか。・なぜ、転院を断られるのか。・なぜ、家族は治療を拒否するのか。・なぜ、精神科病院は人里離れた場所や山の麓に多いのか。精神科単科病院で亡くなっていった人たちの人生や、家族・友人との人間関係を通して、精神科疾患を有する人の日常や精神科医療の実際を描き出すと同時に、胃瘻造設や延命治療の是非、誤嚥性肺炎、患者家族への説明の難しさなど、終末期医療に共通する医師の悩みも吐露されています。特別編として、相模原障害者施設殺傷事件についても書き下ろしています。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 精神科病院で人生を終えるということ その死に誰が寄り添うか
  • 著者名: 著:東徹
  • eBookJapan発売日: 2017年03月17日
  • 出版社: 日経BP社
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 5.6MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 教養・カルチャー
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。