書籍の詳細

本好きで、気がつけばいつも物語の世界に浸っている少女・綾乃と、わけあって断筆中の小説家探偵・能見啓千。ひょんなことから啓千の身の回りの世話をすることになった綾乃だが、やがて二人に次々と数奇な事件が降りかかり――!? 「もしかして すべての事件はその探偵のせいで起こっているのかもしれないよ」 【[協力]株式会社KADOKAWA】

総合評価
5.0 レビュー総数:3件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

親愛なるA嬢へのミステリーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 面白い
    続編を希望します。普通だと25歳男性が16歳のJKに恋すると歳の差を気にする話になるけど、女の子が決して大人っぽい子ではないのに歳の差が気にならず、お互いが包んであげてる様で空気感があって良い。画とお話がピッタリですね。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年06月25日
  • 匿名希望
    ハマりました
    本好きには共感できる描写が多数あります。
    購入して間がないのに既に二桁回数読み返しているくらい面白かった。
    続編か番外編を切望します。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年05月12日
  • 匿名希望
    続いてほしい。
    好みがわかれる作品。明るい作品ではない。
    ミステリー短編小説を読んでいるような感覚になる。
    二人の距離感も絶妙。
    今のままの続きも読みたいし、
    A嬢が大学生、社会人になったときの物語も読みたい。
    完結は寂しい。どうか続いてほしいと願うばかり。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年05月10日