書籍の詳細

姉の元夫との濃密な恋愛は、加速して…? 「君は僕のものだから、ほかで気持ちよくなるんじゃないよ。」花折(かおり)の恋人は、かつて姉の夫だった人。彼は自分の恋人しか描けない画家で、今は、花折が彼のモデルをしている。「私だけが、彼のもの――…。一瞬でも忘れたくないから私を縛って。」同棲して幸せなはずの2人の生活に予期せぬ問題が次々と起こり…!?

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

縛られてあげるのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    この漫画非凡なり♪
    平凡でない内容で良かった♪
    表題作とその続編は、義兄・了一に恋している花折のお話。
    姉と離婚した、了一とつき始めている花折は、
    両親にいつ挨拶に行くのかと了一をせっつく。
    でも、姉と離婚し、次はその妹とつき合うなんて、
    反対されるに決まってると、踏ん切りがつかない了一に花折は、
    「好きな人を手に入れて この上祝福されようなんて考えてない」
    「私たちは怒られに行くのよ」
    と、あっけらかんと言ってのけた。
    こんなセリフひとつとっても、非凡さと言うかセンスのようなモノを感じます♪
    他の読み切りも、心憎い作品となっています♪
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月26日