書籍の詳細

ずっと忘れられずにいた大学時代の恋人・佳史と、仕事先で再会した真下。 十年経ち、彼は大企業の役員となっていた。 別れの前後の記憶が辛すぎて、必要以上の関わりを避けたい真下に対し、佳史は昔と変わらぬ情熱を向けてくる。 世間知らずで甘えたがりだった佳史も、今やすっかり仕事のできる大人の男。それを眩しく思うと同時に気後れを感じる真下は「友達でよければ」と佳史との付き合いを受け入れるけれど……?

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

何度でもリフレインのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ありがとう。
    ずっと読みたくて何度もリクエストした、この本。忘れられない佳史とミチの話。佳史とミチは18で出会い、お互い一目惚れして離れられない二人になる。一目惚れとか運命とか甘い甘い時間もあって、でも育った環境も性格も違うから、それなりに試練もあって王道と言えば王道な話なんだけど、不思議と飽きない。何故かと言うと、こんなに愛せる相手は他にいないという感情の記憶が刺激されるから。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年02月17日