書籍の詳細

聞く,見る,触る,嗅ぐ,味わうという五感をフルに使いながら東京の魅力を堪能するためのユニークなガイドブック.日本橋の「キリン」に触り,酉の市で手締めの音に包まれ,「はなのオアシス」で香りを楽しむ….江戸情緒あふれる浅草,柴又から最新の人気スポットお台場まで,東京新発見の散歩案内.

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

五感で楽しむ東京散歩のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 「絵本江戸風俗往来」が今はもうなくなってしまった生活文化を書籍の中に再発見する旅だとしたら、この「五感で楽しむ東京散歩」は女性ライターが生身の東京を自分の足で歩き、耳で聞き、舌で味わったルポルタージュです。日本橋に日銀や高島屋を訪ねて建築の詳細を手で触りながら探索したかと思えば、東京の西、小金井にとんで滄浪泉園(そうろうせんえん)で水琴窟の澄んだ水の音に耳を傾けるという具合です。普段、目にしながら気づかずにいる東京という町をあらためて旅したくなります。(2009/7/3)
    • 参考になった 1
    投稿日:2009年07月03日