書籍の詳細

なぜ、仕事が終わらないのか。そして、なぜ、その終わらない状態が続くのか。これは、そんなあなたの悩みを根本的に解決する本です。●世界より速く仕事をする人たちは何をしているのか「仕事が終わらない」「仕事が思うように進まない」――。Googleでの「速さ」を実現する方法は、実は単なる「仕事術」「効率」にだけあるのではありません。1分1秒を削るノウハウを知っても、「仕事が終わらない」状況はそう簡単には変わりません。本書では、・今その場で仕事を終わらせる仕組み・無駄に悩まない仕組み・非効率な会議やメールを、仕事を速く進める会議・メールにする方法・疲れないための「マインド」のつくり方など、実際に著者が行っている仕事術を紹介します。●最大の効率化は、自分の仕事をなくすことAIやITに仕事がとられるという論調は多いですが、著者は、「2020年までに自分の仕事を自ら壊すことが大事」と言います。IT化、AI化されてしまうと怯えるよりも、自分から仕事をIT化することで、新しい波に乗り、そのための自分の時間をつくる。最先端の仕事の技術を紹介します。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのかのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • グーグルが社内でやっている神速仕事術
    「働き方改革」が議論される昨今、われわれの仕事の仕方が問い直されている。改革のポイントの一つが、より少ない時間でより価値のあるアウトプットを生み出す、生産性向上の方法にあるのは間違いない。本書では、ビジネスの現場でより大きな仕事に注力するための時間効率の上げ方、イノベーションにつながるアイデアをチームでつくり上げる方法、チーム内のコミュニケーションを円滑にすすめる方法など、今の日本のビジネスパーソンにもっとも必要とされるであろう、生産性を上げつつ創造力を高める方法を紹介している。グーグルで働いていた著者が、具体的にどういう仕事の進め方をしていたか、豊富な実例を挙げながら解説している。著者はポーランド生まれで2000年に来日し、2011年よりグーグルにて、人材育成と組織開発などの分野で活躍している。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2017年05月23日