書籍の詳細

会社員の豊は、誰かと食事をするのが苦手。しかし、昼食をとろうとしていた公園で出会った兄弟・穣と種になぜか「おにぎりの作り方」を教えることに。以来、彼らと一緒に食事をすることが増えた豊。いつしか、みんなでご飯を食べるのが楽しみに思えて――。

総合評価
5.0 レビュー総数:6件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

僕らの食卓のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 名作です
    ほのぼの。ほろっと。
    心に沁みるお話でした。
    大好き。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年06月13日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    ほんわか感動
    ほんわか系BLです。キス以外の性的描写はないけれど、この題材の品質を落とさないためにもそれで良いと思います。私は感動して泣きました。
    『別れの時は一緒に痛がろうぜ』このフレーズがグッとキマした。愛することの怖さ、失うことの痛さを思うと耐えられない主人公。このフレーズが彼を救ったんですね。素晴らしい作品だと思います。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年03月26日
  • 匿名希望
    心が温かくなる作品
    夜中に読んで、こらえきれず涙しました。
    主人公とその家族、皆が愛しいと思える作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月05日
  • 優しい気持ちになります
    年の離れた兄弟 穣・種 と、訳あっていつもひとりで食事をする会社員 豊 の心温まるほのぼのストーリー。
    ある日公園で豊お手製のおにぎりを種くん(4才)に食べられてしまうことから兄弟と出会い、彼らの父と共に家族ぐるみで仲良くなります。
    登場人物全員かわいいです。特に種くんのかわいさににまにまします。
    兄の穣と豊の関係を見守りつつも、BL度はあまり高くないのですが、とても感動的で、満足のいくお話でした。
    ズバリBL、恋愛模様アレコレ…が読みたい方にはちょっと違うかもしれません。
    好きな人、大切な人とたのしく一緒に食事が食べられるって幸せなことですね。
    その後の物語もあって、良かったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年02月19日
  • 匿名希望
    おにぎりから始まる、ゆっくりと育まれる恋
    1冊かけて、ゆっくりと描かれる、主人公2人と小さな弟の3人が中心の日常ほっこりBL。
    読み終わる頃には、登場人物のみんなのことを好きになってしまう、温かいストーリーです。
    性描写は無いので、それを求められてる方には食い足りないかもしれません。でも本当にオススメです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年02月07日
  • 匿名希望
    おとん最高
    食事ってほんと大切なんだなってしみじみ思う。
    登場する人たちみんなの生活を少し覗き見させてもらって、共感したり幸せな気持ちになったりさせてくれる物語です。
    おとんが主人公に自分の答えを教えてくれるところで号泣しました。
    ドラマチックに波風が立って主人公たちがバタバタ動く、というのはないけれど、心を動かされるシーンがさらりと、でも丁寧に書いてあって素敵でした。
    BLのLはLOVEだけど、このお話はLIFEな感じです。
    この作家さんの作品はどれも空気感が好きですが、このお話が一番泣けるかなあ。誰もが持ってる傷を優しく見つめてる作品。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年02月01日