書籍の詳細

「椎名なら俺の隣で寝てるぜ」音楽雑誌の編集者である新の元に、3ヶ月ぶりに椎名が帰って来た。天才ギタリストだが、日本の音楽業界からは半ば引退同然の身。しかし本人は一向に気にせず、自由奔放に国内外を行き来し、長い付き合いの恋人である新のことも放ったらかしだ。その気まぐれさに呆れながらも、戻って来ては自分にべったりと甘えて可愛くエッチを強請る椎名が愛おしい新だが…。気鋭作家・ウノハナが圧倒的筆力で贈る、ずば抜けた才能への賛美と劣等感、愛情ゆえの自由と束縛、その間で複雑に揺れ動く大人の男たちのアダルティックな恋、待望の第1巻!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

気まぐれなジャガー【単行本版】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    惚れてしまう
    読み始めのシーンとセリフに持ってかれ一気に読みました!
    憧れと愛しさと暗い何かと。目に前の才能に対する微妙な心の行先が
    気になって仕方ない
    人物たちの厚みや肉感まで想像させる絵で、デッサンを見てるようで
    好きです 続編期待!
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月06日