書籍の詳細

カメラマンの由紀は年齢が退行する呪い魔法にかかってしまう。元の姿に戻るには眞のキスが必要。キスはするけど、元の姿に戻らない! 由紀の心は一体どこに!?

総合評価
4.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

眞のキスと呪い魔法のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • お兄さんが右か左か
    初めは表紙の雰囲気が好きだなーと思っての読み始めだったんです。私表紙外の傾向がありまして…そして、今回も自分の感を外さない感じでドツボだったわけですが。
    私、ハッピーエンド好きなんです、それプラスわんこ系な攻めが好きな人なんですよ。あと、王道展開と呼ばれるものも好物です。でも、この作品自分のツボをことごとく押さえつつそしてしっかりハッピーエンドなだけじゃなくて、不思議な要素や、お互いの過去なども読んでいて心臓わしづかみでした。久々にどうしたらいいか分からないもどかしさとドキドキをもらえました。
    アレなシーン、足コキとかそういうのは、別の意味で私の性癖にダイレクトアタックで読んでいて「やべーやべーwww」言ってました。
    でも、色々いってますが私が一番この作品好きだなと思ったのは、この世界がとても綺麗だなと思ったところでした。この物語を読んでいて頭に思い浮かんだ世界、その空気がすごく綺麗で、読み終わって凄くスッキリしたというか、なんか体にいいもの取り込んだ!!という気持ちになりました。
    あんまり感想上手くないですが、凄く好きでした!!
    続編の甘甘やら喧嘩やらそんな展開も欲しいですが、わたし的にお兄さんが右か左かで頭抱えているので、そこだけ回答が欲しいです!!
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年02月20日
  • ネタバレあり
    時にコミカルに時にシリアスに
    この作品、読んでいてすぐ気がついた。
    視点が受けの由紀ではなく、攻めの眞にあるのだ。
    数は少ないけれど、確かに存在する、攻め視点の物語である。
    (とはいうものの、由紀視点の描写もある。)
    由紀への想いを拗らせた眞の一途すぎる想いが、由紀の過去とリンクし、呪いの魔法を打ち破るお話とでもいったらいいのか。
    作者の筆力不足を感じるシーンもあるにはあったが、それを補ってあまりある、エネルギッシュな勢いがあったように思う。
    ーーーちょっとだけ内容に触れます
    中盤、由紀の眞に対する、言葉攻め、足コキ描写、眞のドMひれ伏しっぷりは、笑いを通り越して快感でした。
    ーーーーー
    様々なキャラクターが眞と由紀に絡んでいて、そのキャラクター達のストーリーも読んでみたいな、とおもったり。
    ラスト、冬の海に向かう由紀の描写がとても美しかった。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年02月06日