書籍の詳細

目が合って、2秒で誘われて、自然と足が向いていた――。出会ってその日にHなんて、よくある話だけど、さすがに出勤中の駅のトイレで即やるなんて、俺でも初めての経験だ。しかも同じ相手と2度やらない主義のハズが、それ以降アイツが忘れられず、1週間後の同じ時間、同じ場所で再会したとたんに、2人でトイレに駆け込んだ!! 1度きりの行きずりの相手との逢瀬を日々楽しんでいたリーマンの浅井周がハマった、恋知らずの恋――。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

名前も知らない待ち合わせ【電子限定かきおろし付】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    主人公がラブを求めてない?ビッチです
    本作は貞操観念がないエッチ大好き主人公が、相手を好きな気持ちがありながらも、一人をエッチ以外で愛するということがわからない為、ラブラブ感を味わいたい人にはオススメしません。私は絵柄がはっきりしていて主人公の顔が好みで読んでみましたが、本作は内容、ストーリーを楽しむというより主人公のサラリーマン生活のリアルとか、性生活のだらしなさが感じられる作品で、私はそこが良くてハマりましたよ。二人のラブ感は世間とずれているので、今後どうなるか?続編がもしでたら、絶対読みたい一冊です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年07月30日